×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[本編DISC - Multi]

これは素直に見た順での感想を。かなり私の中での優先順位が窺えます(笑)


・渋谷すばる
腐っても本担、やっぱり最初はすばるから。(腐っても……?) しかし普段から抜きが多いから、あんま新鮮味のない映像……と、ヒナ担に感想を述べたら、怒られました(笑)。傲慢メインボーカル担、反省。演奏しながら歌っているから、時々手元に目をやりながらマイクに顔を戻す仕草が好き。真剣に歌ってる時は顔に皺が寄って、ちょっと老けて見えるのが残念。最後マイクに音が入ってない?とこで、なんか語りかけてる様子に、読唇術と学びたいと本気で思う(痛)


・横山裕
なるほど、これがマルチアングルというものか!歌ってない人の映像がずっと映ってるのが不思議ー。この時期どこから見ても美しかった横山さん、この衣装だと余計にハレーション起こしそうな美白ぶり。彼なりに必死で踊ってるんでしょうが、どこか間抜けに見えてしまうのは基本的なリズム感のせい?マイク持って歌う時のはりきりっぷりが恥ずかしい。普段ホンマに歌わせてもらってない子みたいやんか!(←ご明察)


・村上信五
前二人からこの人まで、随分と間を置いて見たんですが、正直その間マルチアングルのこと忘れてました。(←薄情) 聞くジャニで「俺あんまり映ってない」と凹んでたのを聞いて思い出したと言う(笑)。そう言えばこんなにヒナばっかりの映像見ることってないか。一生懸命踊ってる姿にすばるソロ時のダンスを連想し、熱唱する場面ではにうす曲でのフェイクを思い出し、つい笑いそうになってしまう。スマン、ヒナ。


・丸山隆平
三馬鹿さえ見てしまえば、後は単なる表示順(酷)。真剣にベースを弾いてる姿が意外に格好良く、イカン!こんなのは丸山じゃない!サビで入ってるかどうかわからないピンマイクに必死で汗かきながら歌ってる場面で、ようやく安心。そうそう、マルはこういう扱いでなくっちゃ。しょっちゅうライトから外れて影しか映らないところが、非常に彼らしくていい(笑)


・大倉忠義
ただドラム叩いてるだけだけど、キレイー。歪んだ口元が時々呟くように歌うのがイイ。大サビ前のソロパート、ここが唯一の見せ場とばかりに(事実その通り)、バッチリ決め顔で新規ファン獲得。最後のサビではすっかり熱唱し(でも流れてるのはすばるの声)、もしやオマエ最初らへんの歌詞を覚えてないのか!?


・安田章大
比較的三兄弟やすばるBANDでDVD中も出番の多いやっさんですが、本番中は大抵すばると一緒に映ってるので、そこまで目が届いてないから(爆)、マルチ映像は貴重。しかーし、出だしからいきなり横山がダダ被り!マルチアングルの意味ないやん。こうしてずっとアップで見てると、ホントに山田は汗っかきだ。(←所詮その程度の感想)


・内博貴
あーあ、せっかくのDVD撮りだっつーのに、後ろ髪を一つ括りにするな!下ろしてる方が絶対にかわいいのにー。疲れた顔が一瞬伊藤政氏に似てる。後ろで横山さんがちょっかいかけてるのか、ベロ出してニヤニヤ笑ってるのに、お疲れ内きゅんは気が付かない様子。


・錦戸亮
スイマセン、最後になったのは単に三馬鹿以降は左上から時計回りで下りてきただけなんで、他意はありません。元々この曲はかなりの勢いですばると亮がメインなんで、わざわざマルチアングルにせんでも充分見てますんで……。間奏でちょっと俯いた顔の影が男前。ウォンビンに似てるとゆーのもわかる気がする。とにかく最後のすばるとの掛け合いがサイコウ。


[本編DISC - Live]

[本編DISC - Bonus]

[初回封入特典DISC]