×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日々是好日


不定期更新harukiの日記です。ジャニーズなことを主に、その時思ったことなどを。

2006年7月30日(日)
BADBOYS in 嵐コン

去年は途中で関ジュ見学組に気を取られてまともに嵐コンを見てなかったので、今年はしっかり嵐を堪能してくるはずが、またしても番狂わせが起こりました。しかも今回はメインステ近くのスタンド2列目という良席だったのに、体は常にメインステと反対方向を向いている状態。嵐&嵐担の皆様、正直すまんかった!(byすばる@サマスト)
というわけで7/29夜公演、エイト&関ジュ見学組のレポ日記です。実は始まる前にPAの辺りを確認して、もし見学に来るならあの後ろに立つだろうなと予測はしてました。おかげでコンサート始まって2曲目で発見して、思う存分堪能できました。
見学メンバーは、右から順に錦戸・マル・ヤス・大倉・濱ちゃん・大智・龍太・中間・桐山の計9人。錦戸さんはモノトーンのキャップを被って水色のカットソー着用。長袖か七分袖っぽいのをまくり上げて、右手に包帯をしてました。スカJのロケで怪我したって噂は本当だったみたいですね。マルとヤスはどっちも茶系かグレーか地味な色合いのTシャツ、ヤスの金髪が薄闇の中でも目立ってました。大倉は薄ピンク地に濃ピンクの縁取りがあるTシャツ。隣の濱ちゃんはキャップに黒っぽい半袖シャツ+インナー。並んだ大倉とあまり背が変わらないように見えて驚き。大智は茶色地に黄色のロゴ&パイピングのTシャツで、なんか見たことあるような……雑誌で着てたのかも?龍太はキャップを被ってモノトーンのTシャツ、中間はグレーかなんか地味色無地Tシャツ、桐山は先日のTopStageと同じ茶色と白のコンビTシャツ。もしやこれが彼の勝負服なんでしょうか。
基本腕を組んでの見学姿勢ですが、桐山は最初後ろ手に組んで、どこの訓練学校の生徒かと思いました(笑)。一番落ち着きのない大智は時々龍太や濱ちゃんと喋ってましたが、中桐はほとんど私語も交わさずの見学。同行の大智ファンの観察によると、大智は途中で飴食べたりしてたようです(笑)。ムービングステージがバックステにある時はジュニアが死角に入ってあまり見えなかったので、その時はエイトの4人を見てました。客よりノリノリでバックステにきた嵐を見上げて手を振ったりリズムを取ったりの姿に、君たちそんな嵐好きだった?と尋ねたくなる。マルがドラムを叩く真似をしたり(あんたベースやん)、錦戸さんが松潤を見ながら腕を振り上げたり、その中でも一番ノリがいいのはヤスマルの二人で、大倉はそれにつられてる感じ?そんなエイトを見て、合わせて手拍子を打つ関ジュ達(笑)←かりにもジャニタレが他の盛り上げ方出来んのか。そしてラストの「WISH」が始まるとエイト&関ジュが出て行ったので、もしかしてアンコールに出てくるかも?と期待はしましたが、まさかホントにBADBOYSまで一緒になって出てくるとは!アンコ2曲目の「A・RA・SHI」から出てきて、エイト4人は嵐と一緒にムービングステに乗ってましたが、関ジュはMADと一緒にメインステに残留。大智と濱ちゃんが川村くんや野田くんの振りを見ながらちょっと踊ってましたが、次の曲になるとMADは捌けて、なんとメインステにはBADBOYSのみ!エイトと嵐の絡みも気になるけど、とてもじゃないけど目を向けてる余裕がない〜。だって嵐コンで関ジュがメインステにいるなんて、それこそ真夏の夜の夢。もちろん夢じゃない証拠に、中間や桐山は客席に向けてファンサービス絶賛展開中。隣の大智ファンがいそいそと大智ウチワを取り出したので(←持ってきてたんかい!笑)、私も一緒になって「大智〜!」と叫んでました。もちろん隣の嵐ファンの中学生(推定)には驚きの目で見られましたが(爆)
そう言えば本編中「ハダシの未来」を歌った時、この曲はサビの振りをファンが一緒になって踊るんですが、エイトもそれに参加したいのに振りがわからない様子。もちろん関ジュはもっと知らなくて、とりあえず手を振り上げてました。(この時の上に伸ばした淳太の腕の長さと細さにときめいた) ここに相葉担の龍規がいたら指導してくれるのに……と歯がみをしてたら、本日10時公演には文一・菊岡・安達と共に見学に行ってたそうですね。正直BADBOYSがステージに上がって大活躍した回よりも、文一達が黙ってひっそり見学してるだけの回の方が羨ましい……来年は嵐コン大阪全ステするべきか(爆)
余談ですが、今回MADの野田くんが浅田に見えて仕方ありませんでした。カウコンのTV中継の時も何度も見間違えたので今に始まったことじゃないんですが、茶髪で小柄で仕草が可愛いとこが似てるのかも。そしてつくづく私は体型美に惹かれるタイプではないことがわかりました(笑)。小さくてちまちました可愛いものが好き〜!

2006年7月28日(金)
噂のTopStage

エイトの表紙を目印に本屋へ探しに行くと見あたらず、もしやエイト人気、あるいは中桐インタビュー目当てで売り切れた!?と焦ったんですが、心配無用。MYOJOやポポロが平積みされた奥の方に山積みになってました(苦笑)。扱い悪いな、ジュ○ク堂!
表紙写真のみを見るとマルの顔が大倉に1.5倍くらいあるんですが、この二人そんな等身に差ありましたっけ?大倉め、カメラを前にした女子の必殺技「一歩後ろ立ち」を使ったか?すばるのポンパドールが可愛いんですが、笑顔はやっぱり目尻の皺が気になります。誰か彼にアイケアを勧めてあげてください。
肝心の内容の方はと言えば、ここ数年でもっともバックの写り込みが少なかったと思います。全体写真もないし、ほとんどがエイトのソロ写真。その中で13Pと14Pをまたいだ下から二段目の写真は、桐山を先頭に結構関ジュの写り込みがありました。小豆色のTシャツを着た桐山の後ろに、中間・龍太・菊岡・佐竹・青木・長尾は判別可能。(ほとんど顔は見えてないけど背格好でわかる) そして13P右端の上から二段目の写真ではガラスの向こうにいる楠本はわかりました。たぶん間違いないと思えた写真はそれくらいで、誌面と5pくらいの距離まで顔を近づけて検証したのに、とうとう文一を見つけることは出来ませんでした。無念!頑張れば何か見えてきたかもしれないのに……。(←すでに念写の域)
そして巻末に近い109Pで中桐の写真を見た時は、知っていて探したにもかかわらず驚きました。アイドル誌でも滅多に二人だけで載ることないのに、舞台雑誌でこの扱い。さすが関西次世代期待の星!この際中間のピンクのTシャツがあんまり似合ってなかったことや、気合いを入れすぎた桐山のTシャツの柄とアクセがダブって暑苦しいのは、目をつぶりましょう。……やっぱジュニアは生で見るのが一番ですね(爆)。光一に感銘を受ける中間はともかく、宝塚に興味を持つ桐山はどの方向へ進みたいのか不明。最後は東京進出への並々ならぬ意欲で締める二人の野心家に乾杯☆
宝塚繋がりでもないんですが、先日友達に天海祐希が退団当時に出した本を貸してもらって読んだんですが、もし自分がこの人の宝塚時代のファンだったら号泣間違いなしのいい話でした。「ミュージカルをやるなら宝塚を辞めなかった。最高の環境を用意してくれるから」「大劇場で2400人を前に演じた経験があるから、舞台でお客さんの顔をまっすぐに見ることができる」辞めた後も宝塚で得た物が自分の武器になったという彼女は、自分なりに宝塚を愛していたと語ってました。組織としてのシステムも全然違うジャニーズと比べるのも何ですが、もしジュニアを辞めた子がこんなふうに思ってくれてたらいいのにな、と思いました。とても大好きで応援していた人が、その時の自分に誇りを持っていてくれたらどんなに嬉しいだろうと、そんな気分になった一冊でした。

2006年7月26日(水)
全国ツアー日程発表

そんなことよりも渋谷すばるwith大倉BANDですよ!(のっけから全国無視)
え?大倉BANDって何?それはすばるBANDのメンバーとはまた違うの?もしやギター:大智(あるいは安達)、ベース:濱ちゃん、キーボード:桐山、リコーダー:中間、カスタネット:文一だったりしませんか?前3人は雑誌等の発言でやったことありそうな楽器を選んでみました。いや、濱ちゃんはドラムだっけ?それはさすがに大倉の立場がないので、ここはマルを尊敬していると過去に発言した責任を持ってベースでよろしく。桐山は昔ピアノやってたとか言ってませんでした?なんかキャラとのアンバランスさが印象的だった記憶が。中でも安田から直々にギターの指導を受けた安達は、きっとなかなかの腕のはず……。(妄想終了)

と言うわけで行きます、すばるコン。(断言)
チケが取れようと取れまいと行ってみせます。
だってすばる単独(←すでに大倉の名前は忘却の彼方)でライブやってくれるなんて〜!あれ?表記はコンサートでしたっけ?ま、細かいことは気にしない。エイト結成前に少クラでFIVEと一緒に歌ってたすばるを見た時、いつか彼のライブを見たいと思ってました。今ではすっかり文一担ですが、でもボーカリスト・すばるの復活とあらば、何を置いても見届けねば。社会人の都合を一切無視した8月末平日、それも週のど真ん中という日程ですが、行きたい気持ちは止められません。となると大冒険が危うくなってきたな……さすがに盆休みもあるというのに一ヶ月2回の有休は言い出しにくいし。チケの手配も交通の算段も全て整え、後は8月を迎えるのみと思っていたのに、どこまでもエイトに翻弄される運命です。それもこれもすばる単独コン(←だから大倉もいるってば)のためとあらば、甘んじて受け入れますとも。待ってろよ、フォーラム!

8月最後のミラクル(すばるコン)のおかげですっかり影が薄れた全国ツアーですが、とりあえず流れたわけではなかったんですね(笑)。いや、あんまり焦らされたもんだから、秋と豪語したものの会場押さえられずに無かったことにされるかと疑ってました。しかも(私の)地元がラストとな。城ホよか大分キャパ小さいんですが、チケ取れるんですかね。ここは地方を捨てて地元に全力投球すべきか、旅行気分で遠出プランを組むべきか悩みどころ。やっぱ関ジュ出演確実な方を選びたいしなぁ……。
とりあえず週末の嵐コン後にいつものエイト友との飲み会が入ってるので、そこで作戦会議が開かれることでしょう。約束した時から「嵐の話なんか全然出ぇへんやろな〜」と笑ってましたが、ホントに一言も出そうにありません(笑)

2006年7月24日(月)
自分探しの旅

……に出ていたわけでなく、少々生活が立て込んでいたので5日ぶりの日記です。ちょっと油断するとすぐに間が開くので、毎日更新してるブロガーさんは凄いですね。山ピーとかニノもホント尊敬しますわ。
そんなわけで今更MYOJOのお宝写真のことを持ち出すのが間抜けなくらい、タイミングを逸しました。でもあまりに可愛かったので、やっぱり感想を述べたいのです。何年ぶりかの記念すべき文一MYOJO掲載だしね!
まずはJr頁の表紙、カレンダー仕様になってて文一は8/2です。了解、この日は赤飯炊いてケーキ食べてシャンパン開けます。読経して聖書朗読して日本国旗を掲げます。何をどう祝えばいいのかわかりませんが、8/2は文一記念日と言うことで。
そして中の写真は、いきなり118頁右上に中桐文のエプロンスリーショット!意外に桐山も似合ってますが(よく料理するって他の雑誌でも言ってるしね)、何を置いても文一です。ウエストきゅっと絞るから、腰の細さが際だちますな〜。(←エロ親父風)
続いて同頁左側の、伏し目がちにたこせんべい(ですよね?)の上にソースかけてる写真がまた絶品。真っ白な左手の甲が大変ツボでした。納豆を始めネバネバ食感が苦手な私とはとても趣味の合いそうにないメニューですが、それ食って元気に夏を越してくれるなら言うことありません。しかしそれよりもデザートのバナナも一緒の丼に放り込む桐山の感性が理解不能。中間のキムチとまぐろの丼が一番まともで私でも食べれそうです。でもビールが欲しくなる味だな、きっと(笑)
一方大濱室のトレーニング組は特筆すべきこともなく。大智の鮮やかまでに色の違う前髪が印象的なくらい。次は彼らにもエプロンつけてお料理してほしいですね。ビストロジャーニー(7,8年前にやってた東ジュVS関ジュのお料理対決)みたいな番組始まらないかな〜。中堅含むBAD VS ちびっ子入れたBOYSとかで。
あとBBSでもちょっと書きましたが、友達の好意でサマスペもう一公演入れることになりました!今年は本気で一回限りだと思ってたので、とっても感謝です。いよいよ週末には嵐コン、翌週に松竹、翌々週に二回目の松竹、その翌週には大冒険と、ジャニヲタらしい活動が始まります(笑)。皆さん、頑張りましょう!

2006年7月19日(水)
長い梅雨

始まりが遅かった分、今年の梅雨は長い気がします。海の日は文一の涙雨(勝手な思いこみ)で全国各地大荒れだし、今日もまたどえらい雨量の地域があったみたいですね。早くスッキリ梅雨明けして、夏のジャニコンシーズンが始まってくれないものかと願ってます。
相方から腫れ物に触るような扱いで、先日の少クラ公録に文一がいなかったことを慰めてもらってましたが、一つ私なりに何故文一が居なかったか、仮説を立ててみました。(←傷口に塩を塗り込む趣味)
@新幹線に乗り遅れた。←次の便で来いよ。
A留守電を聞いてなかった。←今はメールで呼び出しかかるよね……。
B26時間TVを見続けていたから家を出れなかった。←天晴れ、事務所担!
諸説ありますが(いや、ないから)、私の中では、
C時代がまだ文一に追いついてなかった。
で、結論が出ました。おいおい、みんな(この場合は事務所の人)まだそんなところにいるのかい?早く気づきなよ、関西にこんな宝が埋もれてるってことをさ!
そんな世迷い事をほざきながらも、翌日のWSはしっかりチェックしました。なんせGYM曲初お披露目だし。少クラ公録がWSで流れるのはとても不思議な感じでしたが、一般の人にはコンサート中の会見と同じように見えるんでしょうね。ゴルフとマイクとは英語で会話するという山P、元専任英語教師・ジミーの努力が実を結びました。しかし巻き舌が出来ない私には、たとえ山Pが口移しで教えてくれても(殴)、あの挨拶は出来ません。

そう言えばKityはやはり下馬評通り、北山・伊野尾・戸塚・八乙女だったみたいですね。そんなトッツー、君はバレー応援してる場合じゃないでしょ?天下のPZに出演中じゃないの?つくづくABCのファンは大変だなと思いました。それに比べれば関ジュ担なんて、まだまだ気楽なもんですね。でも色んな機会で担当を見ることが出来るのは、素直に羨ましい。

2006年7月17日(月)
少クラ公録

人様の話を聞くところ、BADBOYSは東ジュの新ユニットではなく、関西のお馴染みメンバーだったらしいですね。(←そんなとこから疑っとったんかい)
しかし文一はいなかったとか……。そう……代々木に出てたことが奇跡みたいなもんだもんね……別に凹んでないよ……。
文一以外の5人(中間・桐山・大智・濱ちゃん・龍太)はとっても出番も多くておいしかったそうなので、放送日が楽しみ……です……。たとえ文一がいなくても……。(いつまで落ち込むか)
しかし目算が外れました。薫太が高校生になるまでは文一が暫定BADBOYSだと思ってたのに、前述の5人とはこんなにも大きな壁があったなんて!やっぱまだまともに雑誌に載ってない(スタジオ収録の方ね)文一では役者不足ですか。もっと応援すべきですか。わかりました、月初三誌のアンケート葉書を今すぐ出します。
今日のこの日に「文一が○○だったそうですね!」とかって日記を書く予定で、ここしばらく更新してませんでしたが、こんな落ち気味の日記を書く羽目になろうとは。やはり安定感の欠片もない文一の立場は、これからも一期一会の気持ちで見守っていくしかありません。そうそう、ジュニアに安心は禁物!と言い聞かせ。
で、話題は変わってその他ジャニ催し。滝沢リサイタルが発表されましたね!(今頃) 東京公演のみなのが悩みどころですが、未だ∞全国のお知らせもないので、もし9月ヒマだったら見に行きたいなぁ。だって滝の半生って、ここ10年は私の知ってる出来事のはずなので、それがどんなふうに舞台化されてるのか、非常に気になります。三馬鹿とか嵐とか絡んでくるのかなー。翼役は絶対いるはず。
そして第二弾、錦織氏と風間さんの蒲田行進曲。これも大変気になります。かなり前に同じく錦織氏とSMAP草g(敬称略)がやった時にえらく絶賛されてて、一回見てみたいなぁと思った記憶があるので、それを風間がやるとなると食指をそそるものが。これは大阪公演もあるけど、また10月ってのが∞コンの予定が出ないとなんとも動きづらい……。同様の理由で斗真舞台のチケも取ってないので、いい加減全国の予定を発表してほしいものです。流れたなら流れたで構わないから!(暴言)

2006年7月12日(水)
夏の予定

生モノ鑑賞が途絶えてる時期は、割とマメに日記を書く傾向にあるようです。このところ関ジュ関係で嬉しいニュースが続いて浮かれまくってましたが、考えてみると少クラは9月放送だし、ほんじゃに新EDもどう頑張ったって8月以降。私の夏のジャニ活動が開始するのは月末の嵐コンからなので、まだ2週間以上もあるんですね……。
今年の夏は嵐コン1回と松竹1回と大冒険1回と、そしてフィルムフェスタが1回。どれもこれも一期一会で、ライトファンの気分です。昨日発売のフィルムフェスタは、web受付の申し込みフォームまでもたどり着けなかった私ですが、相方が電話でゲットしてくれました。しかしその後当日中には全日程売り切れてたとか。なんでたかがフィルム流すだけのイベントがこんな激戦になるのか、理解不能です。コンサートならともかく、映像だけなのに?でも各グループのファンが一斉にチケ取りしたら混雑もするか。つくづくあの事務所は絶対的な収入源(ファン)を持ってるなーと感心しますわ。
映像と言えば、翼コンのDVDが8/30に出るみたいですね!新星堂では予約受付してるのに、AMAZONでは音沙汰無しですけど。昨年の翼コンは本当に本当に良かったので、映像化してくれて嬉しい限りです。これで今年行けなくても諦めがつきます。(大阪はちょうど予定の入ってる日程だった) バックもいっぱい映り込みしてるといいな〜。そんなことを考えながら寝たせいか、昨晩は夢にMADが出てきました(笑)。先月末に友人の来訪対策でベッド下に大量のアイドル誌を隠して以来、異常にジャニ夢率が高いです。やはり意識の奥で「いつか片付けなければ」という強迫観念があるんでしょう(爆)
しかし昨年のコンサートが今やっと発売されるくらいなんだから、FTONツアーのDVDなんていつ出るんでしょうね〜。まさか全国ツアーが終わってから?松竹が回数通えないんだから、映像だけでも早く与えてほしいんですが。と言っても代々木収録だから、関ジュはあの6人だけなんですよね。しかしその中に自担が入ってるので、やっぱり早く見たいことには変わりがないのでした。

2006年7月10日(月)
ほんじゃに番協!

約10ヶ月振りに募集がかかりました、ほんじゃに番協。うーれーしーいーっ!昨年秋に、好きやねん・無限大・桜援歌とシングルカット3曲収録以来のご無沙汰で、もうこのまま新EDとは無縁のままいくのかと疑ってましたよ……。さぁ、若人よ申し込め!どう考えても年齢制限に引っかかるに決まってる私は、人様からのレポが届くのを祈るのみ。
でもでも、7月に収録して8月中旬くらいから流してくれたら、松竹惨敗の悪夢も忘れられそうです。出来れば今回はジュニアでも何か歌わせてほしいもの。何年か前にはBOYSが歌ったこともあったので、今の勢いなら夢じゃない!と信じたい。少クラで何か新曲でも歌わせてもらえたら、ますますその可能性も出てくるんですけどね〜。
と、大興奮のままに日記を書き出しましたが、さっきまで「サプリ」見てました。佐藤浩市が好きなので。←そっちかよ!でも私の年代なら明らかに亀ちゃんより人気があると思います(笑)。月9を見る習慣が皆無の私、前回見たのは滝とハセキョーのドラマだったか、ランチの女王だったか、それも最後まで続けて見た記憶はここ10年ありません。だからきっとサプリもそうなってくだろうと予想出来ます。
ジャニドラは毎クール初回を見逃しては、そのまま見ないで終わるパターンが続いてましたが、今回は「マイ★ボス マイ★ヒーロー」も見ました!こっちは続けて見ていけそうな気がします。聖が素敵、手越も上手、だけど何より長瀬が可愛い〜〜。やっぱ彼にはアホ役が似合う!あんなに何のてらい無くアホ役がこなせる27歳は日本にただ一人、長瀬智也だけ!「花嫁は厄年」は「不信の時」の裏なので、きっと見る機会はないと思います。私の中ではリョウコは米倉>篠原だな。
後は連ドラではありませんが、こっそり「探偵学園Q」も見ました。山田涼介と神木隆之介どっちが可愛いか、TVの前で真剣に悩んでいる自分が恐ろしい(爆)。今のミドル世代は関ジュにどっぷり浸かってますが、その下のちびっ子世代では東ジュに興味を抱き始めてる今日この頃、きっと大冒険も誰が出ても出なくても楽しむ自信があります!

2006年7月6日(木)
神様ありがとう!

誰に向かってお礼を言えばいいのかわからないので、とりあえず正月に賽銭入れた神社3社に向かって叫びます。文一始め関ジュを海外に連れてってくれて、ありがとーーっっ!!旅の風景を雑誌に掲載してくれて、ありがとーーーっっっ!!!まだ感謝の気持ちを伝えきれないこの興奮、どうしてくれようか。
と、言うわけで今月は迷わず三誌まとめて購入です。会社帰りにまっすぐ本屋に寄って、脇目もふらずに三誌を手に取りレジ直行。内容確認の必要もなし。だから文一を載せてくれたら、毎月買ってやると言ってるのに!
ベガス写真は三誌全てに載っていて、W誌とP誌は2ページ、D誌のみ1ページ。関西メンバーは、代々木についた中桐大濱室文の6人です。最初に開いたW誌は関ジュ写真が2枚載っていて、上の方にある写真には文一が載ってないから心臓が止まりそうになりました。なぜ2パターンの写真を撮ったのか、もしや都合によっては文一は居ない人にされる予定だったとか?……まぁ無事載ったからいいけどさ。
で、肝心の文一写真はと言えば。袖がピンクの長Tが可愛い!衣装かな?私服っぽいけど。顔は恐ろしく仏頂面で写ってますが、ベガスは楽しかった……よね?(汗) 本誌コメント中ではスタジオ撮影時に呼ばれてない文一の話題はほとんどなくて、唯一W誌のABCの記事に名前が出てました。それも私のABC一番贔屓である五関くんの口から!そして五関くんもトッツーも「ブン」呼びなんですね。文一とテレパシーで会話する五関くん、私の好きな物が二つ重なる無上の喜び!ドリボの時も文一はABCと仲良しに見えましたが、改めてこんな公式記事で話題に出ると、嬉しさの余り昇天するところでした。
ベガス記事以外で特筆すべきは、無事エイト東京公演に出ることが出来たと中間さん。「どうしても出たくて亮くんや丸山くんに相談したら、事務所の人に言えばってアドバイスをくれて」……それ、翻訳すると「勝手にすれば」ってことなのでは?(爆) ええい、頼りにならん先輩どもめ!思わず「お前が(上に)言うたらんかい!」と雑誌に向かって突っ込む自分に、独り言注意報。なんにせよ、出れて良かった。そして文一も便乗して呼ばれて良かった。あと薫太が自分の眉を反省しているのもツボでした。いいのよ、眉毛はまた伸びるから。男の子は失敗を繰り返して、かっこよくなってくんだからね。(←誰やお前) それよりも丈一郎が履いた薫太の靴のサイズが30pってことの方が衝撃でした。そら身長も伸びるわ!

2006年7月5日(水)
何度目をこすっても

ジャニネットの少クラ番協欄に「B.A.D.BOYS」の表記があるんですが、これは松竹惨敗に絶望するあまりどうかしてしまった私の頭が作り出した幻でしょうか。いや、夢じゃない!更新かけても消えない!とうとう関ジュの時代がやってきた!?しかしBADもBOYSもよくメンバーわかんないんですけど(爆)
というか、大体秋放送予定の時って、夏の舞台やコンサートの内容を先取りで収録するじゃないですか。それが東ジュのメインどころに混じっての関ジュ出演って、まさか大冒険出ちゃったりする?いや、実は万が一の奇跡を期待して、一応チケットは押さえてるんですが(笑)。まずあり得ないと思ってたし、関ジュが出なきゃABCや藪様や翔央を見るつもりでいたので、もしも本当に関ジュ出演なんてことになったら返ってどうしていいかわかりません。少なくとも嵐コンのバックに付くよりは可能性が高そうな気がしてきた!問題はそこに文一が入ってるかどうかですが……。
嵐と言えば、昨日DVD目当てにアルバムを買ってきて、やっと今日封を開けました。普段嵐のTVチェックなんか全然しないのに、コンサートだけは別物です。数あるジャニコンの中で3本の指に入ると思う嵐コンのクオリティは、アルバム特典のDVDでさえ素晴らしい。こんないいコンサートを、昨年の夏は見学の関ジュに気を取られて、ほとんど記憶に残ってないのが残念です(爆)。それも結局馴染みの子は発見出来ずに、おそらく2005年組の新人ばっかりだったみたいだし。(清水がいたことだけ覚えてる)
財政上、今年も嵐は大阪一回だけの参加ですが、今度はちゃんと内容を見てこようと思います。あ、でもバックにMADがついたら、目線はそっちにいくなぁ……。

2006年7月2日(日)
松竹当落

今年はとうとう全滅かと思いましたが、なんとか一公演は見ることが出来ます。まだもう一つ確認出来てない分はありますが、チケ運の無い自分名義なので期待薄かと。ハッ!いかんいかん言霊!きっと受かってる!チケ取れてる!
それにしても'02ANOTHER9回→’03DOUTON9回→'04サマスト15回→'05マジサマ10回ときて、今年はとうとう1回こっきり(とはまだ決まってないけど)ですか。もう次にエイトが松竹でやるって言っても、申し込むの止めようかと本気で思います。取れるわけ無い公演につぎ込む虚しさったら、堪らんものがありますね。
しかし気を取り直して、今年の舞台が一体どんなものか、改めて考察してみようかと思います。聞くジャニでの発言によると、「ANOTHERのリメイク」とのことなので、続編でも世界観だけ引き継いだ新作でもないみたいですね。と言うことは、漂流メンバーは当然エイトの6人で、すばるは一人別枠のハリオス役ですか。'02年は漂流メンバーの一人だった文一は大倉と入れ替えで島の住人になるとして、果たして出番はどこまであるのか。
'02年版ANOTHERの記憶を辿りますと、島の住人の出番は以下の通りかと。
一幕
・OP「旅人」
・遭難(波を表す踊りをジュニアがやってた)
・儀式(ハリオスを中央にジュニアが囲んでダンス)
二幕
・リョウの幽霊(影武者役にジュニア)
・二度目の遭難(漂流メンバーを囲んで糾弾→喧嘩ダンス)
・出発(和解のち船を見送る場面)
・ED「旅人」
後はそのままショータイムに突入してましたが、今年は一日三回公演だし、ショータイム自体あるかどうかわかんないしなぁ〜。劇中にも結構歌やダンスは入ってるんですが、バックは付いてなかったんですよね。漂流メンバーだけで踊ってた場面にバックが付けば、かなり出番も増えると思うんですが。そういえばANOTHERの時のショータイムはパターンもなくてずっと同じでしたが、何度見ても飽きない見応えのあるものでした。一部「翔べ翔べ」でやった和風メドレーそのままだったから、思い出の人に目頭が熱くなったりもしましたが(爆)
ともあれ、今年の夏は松竹に縛られることなく自由に過ごせそうです。自由っていいね!自由って……。翼コン行こうかな……。

2006年6月29日(木)
復活宣言

散々騒ぎ立てたわりには、思ったよりも早くPCのお引っ越し及びサイト関係を含めたデータの移行が終わりました。結局5日ぶりの日記で、こんなことPCが正常に作動してる時でもしょっちゅうでしたね(爆)
そして当サイトの復活を待っていたように、ジュニア界に一大ニュースが今朝飛び込んできました。山P新ユニットって!ゴルフとマイクって!他ジャニーズJr.から4人って!それ誰やねん!?←正直興味があるのはこの最後の一雄叫びだけなんですが、これはもしや3年前の事件再来?既存ユニからの選抜になるのか、初めましてのサプライズ枠になるのか(ある意味今回はタイJr.がその位置?)、はたまた奇跡の関西Jr.の大抜擢か?ま、現実的にはジャニファンにはある程度お馴染みの東ジュの誰かなんでしょうけど。なにかの間違いで菊岡とか入らないかな〜。ほら、現在発表の3人はどれもビジュ売りっぽいから、美形限定ユニットなんて企画でさ。……すいません、私、言論の自由をはき違えてます。
実際問題としては、しがない一関ジュファンの私にとっては、まだ一ヶ月以上も先のバレー応援団よりも、先ほどお知らせの入った松竹追加公演の方が重要でした。舞台なのに一日三公演って、ドリボくらいでしか聞いたことがありません。それもドリボの時は土日祝のみだったはずが、夏休み期間の松竹では待ったなしの平日ランダム決行。ちょっと、学生さん達はいいけど、こちとらお盆期間以外は普通に会社あるんでっせ?どっちにしろそんな数は申し込んでないから、平日追加分を余らせるってことにはならないと思いますが。むしろ焼け石に水、多少公演数増やしたところで、所詮キャパ1,033席(追加椅子並べても+30席くらい?)ではたかがしれてます。だからもう松竹は卒業しろって、この2年口を酸っぱくして言ってるのに……。(誰に?)
そういえば大慌てで前のPC内に入ったデータを整理していると、各種レポのファイルが出てきました。まだサイトを始める前、相方のサイトに載せてもらうためにまとめていた物ですが、あまりに長くてカットした物も多数。'03年松竹公演のDOUTON BOYSなんかは半分近く削ってしまったので、今度これを整理して過去レポとしてまとめようかと思ってます。これが驚いたことに、この時期すでに私かなり文一チェックをしてたみたいなんですよ。自分では梅コマドリボで文一に落ちたんだと思ってましたが、それ以前から並々ならぬ興味と関心を抱いていたようです(笑)

2006年6月24日(土)
それは突然、嵐のように

山ピーのドラマってこんなタイトルでしたっけ?つい1〜2年前のことなのに、すでに記憶が怪しい……。
そう、それは突然に前触れもなくやってきました。深夜にネットサーフィンをしていると、突然PCの画面が揺れ始め、そこからどんどん暗くなってきたのです。なに?何事?恐れおののきその場はすぐに電源を落とし、それから丸5日間放っておきました。次に立ち上げたら直ってるんじゃないかなーと淡い期待を寄せて。もちろん現実逃避です。確かに以前、一度入院してからは決して調子がいいとは言えなかった我が家のPCですが、だからってここまで弱ってるとは思ってませんでした。そして今日、勇気を出して電源を入れてみましたが、やはり画面は不安定な揺れが見えます。液晶がやられたかも。とりあえずバックアップを取ったので、これから入れ替え作業を進めていきたいと思います。PC知識の全くない私一人でやるので、きっと時間がかかると思います。むっちゃ憂鬱……。

そんなわけで更新もしばらく滞ると思いますが、その前に今月のMyojoの感想だけでも。なんとJrページを抜け出して、エイトVS関ジュのフットサル対決!少々薹の立ったエイトチーム(暴言)に対して、少年フットサルチームな雰囲気の関ジュ達の中、桐山一人だけJリーガー的外観なのが天晴れ。試合では龍太の意外な活躍に驚きつつ、最後にオイシイところをかっさらう大智はさすが。ほんの少しも活躍した気配が感じられない中間様は、スポーツよりも頭脳派売りなので文句はありません。ただ短パンの下から果てしなく伸びた長い足が、微妙に内股に見えるのが気になりました(爆)。あと薫太の短パンが股下の距離が長すぎるせいか、ブルマーっぽく見えるのもどうかと(笑)
なんにせよBAD&BOYSのMyojo復活おめでとう!これで文一でも載ってりゃダース単位で祝儀買いするんですが、今回はとりあえず一冊だけ購入しました。なんかMyojo買うのってとっても久しぶりな気がします。先日我が家に友人を招くことになって大規模な片付けを行った際、当然出てきた大量のアイドル誌の中で、Myojoがダントツ少なかったし。

ちなみにそれで判明しんですが、2003年〜2004年にかけては私、異常なほどアイドル誌を買いあさってました。月に最低2冊〜3冊、多い時はW誌P誌D誌M誌+ポポロまで計5冊。そら家ん中雑誌だらけになるわ!そして非ジャニヲタの友人の来訪に向け、それらは一時的にベッドのマットレスの下に隠しました(爆)。今時中学生がエロ本隠すにしたって、もう少しマシな隠し場所を考えそうなもんなのに。なんかとんでもない夢を見そうです(笑)
それでは次回更新がいつになるかはわかりませんが、PC移行作業終了後にまたご報告がてら日記でも上げたいと思います。ちなみにBBSは会社のPCから覗いてるので、ちゃんとレスさせていただきますね♪

2006年6月18日(日)
本日は父の日

そして昨日はニノと風間と五関くんのBDでしたね。この3人が同じ誕生日(ニノと風間にいたっては年も同じ)だと知ったのは、昔のジュニア番組かなにかで、たぶんMJ(少クラの前身)だったかなぁ?嵐デビュー前だから少なくとも7年前だと思うんですが、その頃からずっと今までこの時期になると風間担の相方(エイト関連ばっかり一緒に行ってるけど、本命は未だ風間らしい)とお祝いがてらにケーキ食べたりお酒飲んだりしております。何が凄いって、それが7年も続いてることよりも、その間に誰一人欠けることなく事務所に残ってくれてることが凄いと思います。大好きな3人が3人ともいろんな形で活躍してくれるって、幸せなことですね。もっとも私の本命はその間ずっと変わり続けてるわけですが(爆)
そんなわけで邂逅に浸る週末、サマスペの演目発表を受けて4年前のANOTHERに関する番組を見返してました。ヨコ以外の6人(すばヒナ亮内安マル)が無人島に行った特番、公演中に収録したえみちゃんねる、週間VWで流した舞台映像とショータイム等々、いろいろ舞台関連の番組があった幸せな時代でした。それもこれもチケットが売れないための宣伝だったわけですが、翌年からはまぁある程度チケが捌けるようになったこともあり、ほぼそういった番組はなくなって寂しい限り。しかしおかげでANOTHER時代の文一の映像が色々残っているのは、ありがたいことです。当時中三の文一は年齢以上に小柄で、なのに声だけ野太くてビックリしたものでした(笑)。エイトに混じって漂流メンバーの一人だったので、ヨコやヒナやマルやヤスに可愛がられてる印象。舞台中はいっつも誰かに頭を撫でられてました。なのにどこをどう間違ってあんなふてぶてしい子に育ってしまったのか(笑)
もちろん今回の「もう一つのANOTHER」は、前回のリメイクってことはないでしょうから(続編のDOUTONでシリアスキャラのハリオス=すばるさえ関西弁のコテコテの兄ちゃんになってしまったし)、一体どんな話になるか楽しみです。なんせ前回はほとんど漂流メンバーしか出番がなく、島の住人側だったすばるにいたっては後半からの登場。逆に前半で自殺してしまった亮は後半ほとんど出番ナシ。いっそ今回は視点を変えて島の話を中心にして、大倉(役名ナシの島の男1)を主役にでも持ってくればいいのに……。
あと今更ですが、代々木翌日のWS番組を見ました。全然ノーチェックで旅立ったので、後から人からダビってもらったんですが、結構文一の映り込みがあって満足です。好きやねんでセリ前に立ってる時とか、BAD団でナカマンの斜め後ろにいる時とか、微妙な映り込みがあって、こんな小さな幸せを噛みしめている今日この頃でした。(しまった、タイトルの父の日について何も書いてない)

2006年6月14日(水)
忘却の彼方

代々木レポにかまけて日記の存在を忘れていたわけではありませんが、更新しようという発想には至りませんでした。関ジュ的には特に目新しいことはないし、だからといって私の日常を綴っても仕方ないので……いや、日記って本来そうゆうものか。
では先週金曜日のMステから遡って(オンタイムで見てたくせに今更過ぎる)、WS以外まともにTVを通して見るおばロックの感想でも。……正直きつかった(爆)。ヲタしかいないコンサートで見る(踊る)のは楽しいけど、やっぱあれ一般視聴者に見せるもんじゃないですよ。いつ友達の稲葉ファン(B’zが出る時だけMステチェックしてる)から「アレなに?(呆)」ってメールが入ってくるかと、気が気じゃなかったです。しかし怖い物見たさの気分で何度か見返してると、だんだんその気持ちも薄れてきました。挙げ句、「もっと小野寺を映せ!」なんて気分になってきて、長年のジャニヲタ生活で与えられた物に順応する能力だけは備わっているようです。てか、やっぱりMステは中島の番組なんですね。中島with山田森本京本の方がエイトよりもよほど印象に残る、恐ろしきカメラワーク(苦笑)
そして少クラ版おばロックでは、ステージ後方にいる五関くんに目が釘付け。ABCさんせっかくなんだから、もっと前で踊ってくださいよ〜。遠目でもわかるキレのある(ありすぎる)おばロックが素晴らしい!塚ちゃんの動きの激しさは中間ばり!(笑) 時たま映り込む「めっちゃやっさし♪」で指を斜めに流してる五関くんの動きにうっとりしてました。機会があれば是非文一と並んで(おばロックを)踊ってほしいと、無茶な希望を述べてみます。エイトは珍しく私服登場でしたね。ロマネ〜おばロックの世界観ぶち壊しメドレーも、今回みたいなラフな格好だとそんな違和感なく嵌っていたような気がします。すばるの帽子が可愛い。
あ、そのMステと少クラの間にある土曜日は、松竹打ち合わせという名目の飲み会でした。最初はFTONツアーの打ち上げ予定でしたが、ぶっちゃけ理由なんて何でもいいわけで。しかしこの日は、知り合い連中の間でもいくつかの松竹会議が行われたようです。ツアー明け、そして締め切り日前最後の週末とあって、皆考えることは同じですな(笑)。各社一斉に行われる株主総会みたい。
なんにせよ私たちの申込み日は決まったので、後は運を天に任せて振り込みあるのみ。激戦が予想される安達BD(ホントかよ)も諦めたので、どうか一公演くらい引っかかってくれますように。文一の雑誌掲載祈願も兼ねて、お百度詣ででもしようかしら。

2006年6月6日(火)
もう一つのANOTHER

……って、なんじゃそりゃー!!それじゃ「おはようグッドモーニング」と同じ意味なんじゃ?とかって日本語英語の話は置いといて、なぜに今更のANOTHER再演(ですよね?)なのか。松竹座のHP見てびっくりしましたわ。一応文一の名前も小さく(…)入ってましたが、4年前とは全然役どころも出番も違うんだろうな〜。個人的にもしANOTHERを再演するならエイトが松竹卒業後、0からのスタートって意味で関ジュでやって欲しいと密かに願っていたんですが、まぁそれはそれ、25歳のハリオスも見てみたいと思います。(チケが取れるかどうかは別として)
今日は素知らぬ体で会社に行くと、女子社員には休みの理由はバレバレでした。……そっか、ワイドショー!「エイトレンジャーっておもしろいの?」と素で聞かれて、一瞬答えに詰まった後「愛があれば」と答える私。彼女らに「いや、私は敵側のBAD団目当てで」なんて説明してもわかってもらえるはずもないので、話題は代々木の電波の悪さ(FORMAは電話は勿論メールの送受信さえ出来ず『携帯みたいな物』と化してました)や、MC中の会見で駒井さん(ジャニタレよりリポーターの方が有名)が来てたこと等。会社の子は未だに横ヒナしか認識してないので、エイト話さえ通じないのでした。
しかしCD屋に行くと「飛ぶ鳥を落とす勢い」との紹介付きで、おばROCKが並んでました。サ○ンド1stではPVも流れてて、思わずレジ前陣取って最初から最後まで見通しましたよ。そして通常版のブックレットには思わぬご褒美で、文一の映り込み!右から二番目の紫ヅラがずれてる子がそうです。エプロンの紐を前で結んでるのが目印。逆サイには伊藤がやっぱりエプロン前結びで映っていて、彼はなにげに雑誌などでのおばROCK映り込み率高し。無事捕獲したmusic.jpのCMでもしっかり映り込んでました。ちょうど文一と二人でセンター寄りになる瞬間が使われているので、紫ヅラ組では右から大智・文一・伊藤の三人だけというありえない並び(笑)。ありがとう、music.jpさん!
雑誌はとりあえずWUだけ買ってきたんですが、何を置いても淳太のコメントが凄い。まだ∞コン大阪が終わったばかりの頃みたいで、「(東京公演は)たぶん東京のジュニアが付くと思うけど、悔しい」「エイトのバックはやっぱりオレら関西ジュニアやろ」と、謙遜を持って美徳とする日本人にはビックリの発言。そりゃ皆内心いろいろ思ってるだろうけど、ここまでハッキリ言葉に出した子は初めてでは?そのストレートな物言いに惚れた!(惚れるのかよ) うんうん、やっぱり上に行くには野心って必要不可欠よね。隣の桐山と龍太はヒナ&大倉に焼肉連れてってもらったほのぼの話をしてるのに、さすが中間様。そして伊藤は亀と田口に「オレらより先輩なんだから敬語は止めて」と言われる始末……。

2006年6月5日(月)
ただいま!

本日代々木から返って参りました。オーラス最後まで見た時点で新幹線には間に合わないことは予想の上だったので、そのまま飲み会に突入しての帰還です。一応先に休みは申請していたとは言え、明日会社行きづらい〜。
さてBBSに興奮しながら書き込んだとおり、私一世一代の賭けに勝ちました。代々木に文一登場!奇蹟の関ジュ東京入りは、中間・桐山・大智・濱ちゃん・文一・龍太の6人でした。最初の4人はともかく残り二人はどうゆう基準で選ばれたかはわかりませんが、とにかく関ジュの東京進出が果たされました。カウコンから始まった夢はまだ覚めない!ドリボズではまんまと出る出る詐欺に引っかかった私ですが、今回で帳消しどころかお釣りが来ます。ミッドナイトローズでマイク持ちの文一と、Venus踊る中間と、悲しい恋の関ジュバック追加でチケ代の元は取った!また詳しいことはレポに書きますが(いつも中途半端な日記でスミマセン)、代々木に来て曲は追加になるわ、関ジュの出番も増えたり減ったり、やっぱツアーはラストまで見ないとわかりませんね。ナマモノと言うだけありますわ。
そんなナマモノがDVDになるそうで、カメラは最終日三回とも入ってました。たぶんメインで使われるのは三部のオーラスでしょうが、この日はどの回もオニギシ前に関ジュを紹介してくれて、もしかしてそれも収録される?と期待したいところ。オーラスのジュニア紹介では6人全員の顔をスクリーンに映してくれて、是非これも収録してほしい。ジュニアメドレーはキスマイとか入ってる時点できっと無理だろうな……。
しかし浮かれてばかりいるわけにもいかず、8月には松竹、9月には∞全国ツアーだそうで。正直全国ツアーがこんな早く決まるとは思わなかったし、松竹もあるかどうかわからないと踏んでいたんですが、それが両方ダブルパンチで来るとは……無理だ。(白旗) 今回の東名阪に全力を尽くしたので、もう注ぎ込む金がありません。特に激戦が約束されている松竹は、一二回潜り込めたらいいです。全国ツアーは……お酒がおいしく飲めそうな場所だけ選んで行こうかと(笑)

2006年6月1日(木)
代々木直前

似たような日記タイトルばかりですが、今回は代々木前ver.で。果たして関ジュ出演なるか?(ファンの)悲願は達成するか?正に合格発表を直前に控えた受験生の気分です。自分の努力でどうこう出来ない分よけいにもどかしい〜。代わってあげられるものなら代わってあげたい!あれ?これってもしかしてお受験の子供を抱えた母の気分?
と言っても昨日まではすっかりそんなことも頭から抜けて、ごく普通の日常を送っておりました。しかし、ふと気がつけばもう代々木前夜。もっとも私は3日から上京しますので参戦前々日になりますが、大体関東住みの友達は2日から参加するので、メンバーは明日夜には判明するわけです。翌朝が早いので(計算したら4時起き)結果発表はここではしないと思いますが、とにかくドキドキなのは間違いない。
コンサートと言えば人様から聞いた話ですが、music.jpのCMで∞コンの映像が流れてるそうですね!バックもバッチリ映り込んでると聞いて、なんとか捕獲したいと願っております。でも映像チェック苦手なのできっと無理だろうな(笑)。昔はTVっこだったのに、今では必要な番組以外付けないようになりました。なんか映像見るのがしんどくて……。(←連続9公演入る人間の台詞とは思えない) いや、肉眼で見たり、双眼鏡を通して見る分には、全然大丈夫なんですよ。でも人の視点で撮ったモノに自分の興味を合わせるのはまた別物なんですね。これってバック担の傾向なんでしょうか(爆)
ナマのお仕事はあるのにメディアとはここ最近ほぼ無縁の文一ですが、ポポロのコンサート写真にそれと思しき紫ヅラが映ってたので、購入しました。(いつの話だ) こんなぼやけて立ち位置がわからなきゃ判別も難しい写真目当てに雑誌を買う自分が、可哀相を通り越していっそ愉快です。さぁ、次は代々木WSの片隅のピンボケ映像か?てか、それ以前に代々木には付くのか……。(振り出しに戻る)


2006.04〜05までの日記

2006.02〜03までの日記

〜2006.01までの日記