×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Nippon East to West Spring CONCERT

日 本 横 断  大 切 な ひ と へ


いつもの事ながらタイトルが長いです、にうすさん。前回に引き続き、初期嵐を思わせる無理矢理グループ名に引っかけたコンサートタイトル。いや、かつてはSMAPやキンキも皆そんな系統だったんで、事務所の方針と思えば仕方ないのか。年度が変わるだけでずっとX'masPARTYなんてタイトルに慣れてるもんで、いきなりのダメだしすみません。でもロゴが作りにくいから、次回からシンプルなタイトルでお願いします。(←かなり勝手なこっちの都合)
まぁタイトルは置いといても、以後年度末を挟んだ日程は勘弁願いたいです。大阪公演3/31(木)及び4/1(金)、一般企業のOLはまず休めません。新社会人なんて入社式当日です。コンサートに来るのは春休みのある学生ばっかりじゃないんですよ……。と、愚痴はこれくらいにして、ともあれそんな日程の中義理も人情も踏みつけてなんとか一公演だけ行ってきました。以下、4/1夜公演分のレポとなります。

<ステージ構成>
基本、2005年冬のカツコンと一緒。それに外周がぐるりとついて、海賊船のセットがない状態なので、非常にシンプル(=金かかってない)。バックステージを潰してたカツンとは違って360℃ステージにした分、E〜Jのスタンド後列は潰してました。まぁわかりにくい図ですが、ざっと書き出すと↓みたいな感じ。詳しくは大阪城ホールの公式HP座席案内にステージ構成がありますので、そちらをご参照下さい。(ステージパターンCです)



<グッズ他>
大阪城公園駅に着いて何が一番印象的だったかって、そりゃもう辺りそこら中ピンク!ピンク!ピンク!にうすさんのグループカラーなのか、蛍光ピンクのショッピングバッグが売り出されており、それを肩から提げた若いお嬢さん方の群れ。春らしいというか華やかというか、とにかく頭の中までピンク色に染められそう。いいねえ、ピンク!アイドルらしくて。エイトのグループカラーなんてですから!そう言えばもともと各ユニットのピンク担当が集まったグループでしたっけね。エイト内のピンク好きはもちろん、一時期「山下ピンク」と名乗って「山PのPはピンクのP」なんてアホ……かわいらしいこと言ってた人もおります。実はK・K・Kityの時は小山がピンク衣装だったし。と、それだけ観察及び考察だけして何も買わずに手ぶらでグッズ売り場を後に。(←単なる冷やかし)

それでは以下、曲順及び感想(一回だけの参戦でとてもレポとは言えない内容)となります。


【OP】
紅く燃ゆる太陽

始まりはいつも知ってる曲からなので、安心。(CD買ってないからCP曲を知らない不届き者)でも関ジュは付いてないので、ざっとしか見てません(爆)。にうす全員お揃いの赤いフリフリコート?がかわいい。見るからに下に山ほど衣装着込んでる感じなので動きにくそうですが、それもジャニコンお約束スタイル。全身を赤で固めたにうすさん方に、闘牛だけでなく客席も大興奮。

メンバー紹介ソロダンス
これもジャニコンお約束の流れですが、ここでシゲのラップに驚愕!アンタ、渋谷より新橋が似合う顔(by小山)のくせして、ラップって!そう言えばこの子入所当時憧れの先輩に櫻井翔の名前挙げてたっけ……恐るべし、学歴タレントのラップ系譜。亮の聞き飽きた「SercretAgent」や、内のお寒い野球パフォーマンス(阪神のハッピ着てバッティング披露)なんぞ吹っ飛ぶインパクトでした。

疾走FRIDAY
冬コンでも見たから、にうす曲も大体タイトルが一致してきた私。もう立派なにうす担です(呆)。まだ関ジュは出てこないので、花道をダーッと走る山Pを観察。J2000やその辺のイベントで来阪する可能性のある他面と違って、山下さんは滅多にナマモノを見られる存在ではないのでこんな機会に拝んでおきます。(←亮内見てやれよ)

Stand Up
まだ関ジュは出てきません。冬コンではこの曲にも付いてたんですけど……。が、前日の公演で関ジュの出番は少ないと聞いていたので、そんなに焦らない。(と言い聞かせる)しかし前回カツン冬コンでは回を重ねるにつれ出番が増えてきた実績もあるので、油断ならない。

NEWSニッポン
と思ったら、来たよ!来た来た、関ジュ陣の登場です!なんとセンターステージ一列目に上手から室弟文一伊藤青木の並びで!(何基準の配列?)その後ろの列には上手側に長谷川、隣に菊岡、その向こうに二人いたけどよく見えない。(たぶん室兄浅田と推測。この日安達くんは欠席だったようです)にうすメンバーが外周を回ってる隙にセンターステージは(私にとって)豪華関ジュ中堅層が陣取った!しかしせっかくの文一の登場なのに、私はスタンドEブロックにいたため、もろ真横からの目線。室弟が被って見えにくい〜。(もうすっかり文一より背が高い恐るべし室家の血)この時の関ジュの衣装は赤のエナメル調スタジャンにちょっと朱色がかった赤パンツ。カツンの冬コンで着てた衣装です。これ着た文一を見ると自動的に「Peaceful days」のブリキ人形みたいな動き(カツコンレポ参照)を思い出してときめきます。なにはともあれ「1,2,3,4,It's a NEWS!」の文一の手の動きが好きだ!(激白)とにかく一回だけの観戦、ほんの少しも文一の動きを見逃すまいとガン見していたので、中間&桐山やBOYSの関ジュメインどころの行方がわかりません。

チェリッシュ
続くこの曲に、そうそうJ2005で文一がこれを踊らなきゃここに来なかった……とニンマリほくそ笑む。(←気持ち悪)センターステージから外周に移動した文一は、Aブロ親子席の前が立ち位置。スタジャンを脱いで赤シャツ姿となった上に白マフラーを巻いて、昨年梅駒ドリボで夢物語を踊った衣装。これ私の大好物です!若干どころか明らかにシャツがテロテロで安っぽいのがまたイイ。そのシャツをインした細腰にまた萌え。室兄サイズか文一の身長では少々長目のマフラーが足下につきそうなのも萌え。いかん、このままでは曲が始まるまでに衣装だけで萌え死んでしまう。(←イメクラに来たオヤジか、お前は)そして踊り始めた文一、手を大きく広げる振りがかわいらしい〜……と思ってると、親子席一列目のちっちゃい男の子(もちろん母親付き)が眼前の文一にめっちゃ手を振り出し、するとあの文一が、決して花道に踏み込まない文一が、自分のウチワの手前で引き返す文一が、それどころかウチワに気づきもしないこと多々ありの文一が、そのチビッコに愛想を返し始めたんです!何度もニコッと笑いかけたり、振りの合間に隙を見て手を振って見せたり、中間か桐山か青木か長谷川(関ジュお愛想四天王)しかしないようなことをしてるんです!そのおかげでAブロの客はかなり貴重な愛想を振る文一を目撃できたはず。うっわ〜、羨ましい〜!一生懸命文一を見て手を振ってるチビッコもかわいかったけど、それに応える文一はもっともっとかわいいよ!(爆)基本関ジュは東ジュと交互に外周に配置されていて、文一から見て一つ飛ばした位置B〜Cブロ辺りに室弟。そして私の目線斜め前のDブロには桐山がいたんですが、黒々としたあの顔(推定20代後半)で赤シャツ白マフラーされると、もうバスローブ着た韓国スターにしか見えません。キラースマイル桐山その相方?中間さんは曲が終わって捌ける際、センターステージ側から回ってきてたんですが、その姿はまるでアラビアンナイトの王子様のようでした。足長っ!顔ちっちゃ!ステキ……(惚)

ずっと(アカペラ)〜もう君以外愛せない(増田・手越)
幸せな時間は過ぎるのが早いですね……にうすの時間に逆戻りです。(暴言)冬コンでも聴いたマッスー&手越曲はやっぱり地味。むしろアカペラになった分、前回より「ずっと」地味。続いて「大好きな曲」と紹介してのキンキ。これも二人で歌ってたはず。

小山ソロ(ディスコ調)
タイトル不明。冬コンに引き続きディスコ調のソロを選んだ小山さん、TOKIO松岡路線で行くつもりですか?バックジュニアも一緒になって踊り狂う中、前日に入った友人に「関ジュがオイシイよ」と聞いていたので必死で文一を捜しましたが、いない!大智はパッと目に入るのに、その隣に文一の姿は無く。('04クリコン〜'05カツコンまで文一と大智並びの率が高かったので)関ジュの衣装は白シャツ白パンツに青ベストで、その姿で腰をフリフリしてる大智のプリケツがカワイイ。しかしふと見渡したところ森川たくやから神山楠本まで腰振ってる姿が目に入り、あんなちっちゃい子達にこんなダンスを踊らせていいのかと戸惑いを感じる私の心には、まだほんの少しの倫理観が残っていたようです。文一だけ出してもらえないのは腰振りが下手だから?と疑いましたが、どうやらこの曲はBOYS以下のチビッコしか出てない様子。適齢期(って何だ?それ)の少年達に踊らせた時の観客に与える刺激の強さを配慮して?ならばそんなお気遣いは無用!関西には室兄・中間・桐山の腰回し三兄弟がおりますので。

加藤ソロ(ラップ)
なななんとメンバー紹介に引き続き、シゲラップ!本気でサクラップに続く路線で勝負する気ですか?それは今すぐ思い直した方が(以下自粛)。どうしよう、シゲがラッパーちっくな格好で出てきただけで笑いのツボが激しく刺激されます。いや、衣装自体はカッコイイんですが、シゲだってタッパもあって男前なんですが……。この空気をどうにかフォローしようと助っ人で小山&草野がバックについて、今夜一晩限り(嘘。ツアー中ずっと)のKKK復活劇。

大阪レイニーブルース(亮・内+山下)
イントロが流れた時点で身体が勝手に反応を示す!もしかしなくてもこれはエイト曲?(完璧パブロフの犬状態)レイニーを生で聞くのはJ2005以来ですが、まさかエイトの公演より先ににうすコンで聞けるとは(苦笑)。それも亮内だけでは面子が足りないと、山Pにまで参加して頂いて、申し訳ない……なんて気遣いも吹っ飛ぶ文一のレイニー(バック)!ちょうど私のいる場所とは逆サイドのKブロ辺りに登場した文一は、黒傘を片手に黄シャツと黒パンツ姿。'04サマスペの「Gamble Guy」衣装?ほんじゃにEDで見たばっかりの傘を持ったパフォーマンスに私一人で興奮の坩堝!さすがにコンサート会場では広げることもなく閉じたままの傘を、ステッキ代わりに使ったダンス。これも「Gamble〜」を思い出し、とにかくこういうジャズ系の振りが大好きな私としては、この一曲に3000円の気分。間奏の間にサブセンターへ移動する亮について文一も移動。両脇に文一菊岡を並べて歌う錦戸さんが羨ましい〜!そのポジ譲ってくれ!(←興奮のあまり頭おかしくなってます)いえいえ、亮内お二人のおかげで指の先まで神経の行き届いた文一のレイニーが堪能できました、多謝。と言いつつ、文一に夢中で内や山Pがどこにいたかとか全然知らないんですが(爆)。誰が付いてたかも不明。文一の上手側隣に桐山がいたことだけ覚えてるので、じゃあ菊岡の下手側隣に中間?いやもう、とにかくこの曲は文一文一で。かなり真剣に踊る曲なので、やっぱり踊ってる最中にズボンの中からシャツが出てくる文一的お約束。本当にいつも他の子はそんなことないのに、文一だけシャツが出てくるのが不思議で仕方ない。

ツキノミチ(草野)
「大好きな曲を歌います」的な紹介で草野ソロ?こっちは入所当時亀梨リスペクトだったはずだから、この曲を選んだのかなーくらいの軽い気持ちで見てたら、目の前(の外周)にキノコ集団が。と思ったら、傘を広げたチビッコJr達。レイニーで使ったのとは違う、ちょっとデザインの凝った尖端からタマネギの形みたいになった傘を広げたまま踊るチビッコの一人が楠本と気づいて、え?関ジュが出てるの?と慌てて視線を巡らせると、どうやらBOYS以下の関ジュチビッコ組がそろい踏み。傘の下からチラチラ見える森川たくやの美貌がもどかしい。せっかく至近距離なのに、そんなもったいつけなくてもいいだろうがよー。(小山ソロで芽生えた薄っぺらい倫理観など即刻排除)遠くに大智の後ろ姿を見つけ、あのもっさり頭とプリケツがいい目印になると実感。濱ちゃん薫太もいましたが、もう君たちチビッコ扱いは苦しいよ。そして進也、なんじゃその頭はっ!どこの美容院で騙されてあてられたのか、似合わない茶髪&パーマ。濱ちゃんもまた茶髪になってましたが、まだストレートだから目を瞑ろう。前回のにうすコンでも冬休み限定茶髪になってたこの二人、早く春休みが終わって新学期が始まることを祈るばかり。

DANCE(山下・草野)〜SHOCK ME
マッスーがローラー隊になってたりしてたような気もしますが、たぶん冬コンでやってた山P&草野のダンス。(しかし途中で草野捻挫により大阪公演では小山が代役)途中で残りメンバーが加わり、8人揃ったところで「SHOCK ME」。この辺は関ジュのみならず東京Jrもついてません。

BEACH ANGEL
なんとこの曲で文一の立ち位置が私の目の前!正確にはDブロ前だったので少しずれてますが、Eブロ端っこからは充分射程距離。スタンドカラーの白シャツに白パンツの白無垢姿(…)の文一が目の前におるんですわ。そりゃ理性も失いますって。J2005で見た時は大人っぽくなったと思った文一ですが、こうやって間近で見るとまだまだ子供っぽい感じ。隣には東京Jrキスマイの北山くんがいたんですが、並ぶとまるで幼く見えました。もしかしてブンイチ大小バージョンがあるのかと疑うくらい、前回の印象が一変。特に振りらしい振りもない曲なので、文一はあの表情のない顔でジッとスタンド席を見上げてたり、物珍しげにアリーナ席を見下ろしたりしてました。その様子がまた知らない場所に初めて来た子供みたいな仕草だったので、幼く見えたのかも。サビになってバンダナを振り回す文一はそれこそオモチャみたいで、ちょっと大きめの鞄に詰めて持って帰りたい気分。もう文一とのこの距離に3000円払います。レイニーと合わせて6000円、すでに元値(5500円)オーバーですがな。ところでこの曲では他の関ジュメンバーは皆大きな風船を持ってるんですが、なぜか文一だけ手ぶらでバンダナのみ。最初はBADとBOYSのみ風船持ちかと思ってたんですが、菊岡室兄も持ってる姿を見たので、なんで文一だけ?ちなみにバンダナは関ジュが赤で、東ジュはピンク。BADの二人とBOYSは頭に巻いてました。

PARTY TIME
濃密な時間を(こちら側のみ一方的に)過ごした後、あっさり捌けてしまう文一。しかし他の風船を持った関ジュは残ってるので、その辺のフォーメーションがよくわかりません。残った風船組もやはり特に振りがある曲ではないので(例えあってもそんなもん持ったまま踊れない)、でっかい風船持ったままウロウロしてるだけ。その風船も大きさがあって、室兄(関西代表ムダに長身Jr)なんかは身体に合わせて大きいのを持たされていたらしい。と、ここでも真っ白な上下に身を包んだ中間さん。ピンクの風船を手に歩く姿が妙にサマになってました。(すでにひいき目)こういうフリーな動きになるとそれぞれ個性が出るのか、颯爽と姿勢良く歩く濱ちゃんに、ただ歩いてるだけなのに目に付く長谷川。その一方でひっそりと人目に付かないよう(に思える)歩く浅田等々、千差万別。何にも考えずフラフラと歩いてるうちに、いつのまにかセンターステージに立ってしまった風の室兄は、ちょっと短めになった髪型が爽やか。通路で亮とすれ違った菊岡は妙に嬉しそうに見送って、そう言えばヤツは亮ファンだった。('04クリコンMCより)その錦戸さんは、途中で誰かJrの風船を奪って持ち歩いてました。(にうすメンバーは風船なし)


【MC】(4/1夜公演分)
↑で手にした風船持ったままMCに突入した錦戸さん、「(Jrかスタッフが)誰も(撤収の際に風船を)受け取らへん」とご立腹。だって怖いやん。どうもアナタの身に纏った空気は風船受け取るだけで済みそうにないんですよ。結局勇気あるスタッフの一人がアリーナ位置から手を差しだして受け取っておりました。
さて、今からMCを始めるぞとおもむろに用意されたBOX。さっきの白衣装のまんまでチビッコJr二人が運んできてましたが、片方が真鳥に見えたのは気のせい?そのBOXの中には各自で考えた質問が入ってるという、ステージ上で喋らないメンバー対策。初期嵐コンなんかでもこんなことしてましたねー。エイトに通い出してからすっかり忘れてた、これぞ正しいアイドルのコンサートにおけるMCの比重。そこまでお膳立てして何が盛り上がった記憶もないんですが、特筆すべきは冬コンでは二言くらいしか耳にしなかった山Pの声が、今回は5回くらい聞けました!……ちょっと、小山!亮!内!(にうすにおけるMC部隊)そこはうまいこと話を引き出すのがアンタらの役目でしょーが。
えー、ざっと思い出せる限りのトークを拾い集めると下記の通り。
「にうす8人でCMがしたい」いきなり生々しいお題。山PがMOWのCMで着てる着ぐるみは実は牛の子供だと、なんの役にも立たない裏ネタを小山が披露。手越は翼のとんがりコーンのCM出演決定。マッスーは昔山PのCMの後ろに出ていたと、グループ内ヒエラルキーがひしひし伝わるエピソード。
「趣味はなんですか?」お前らは友達の紹介で初めて引き合わされた男女か!それも誰も大した趣味もなく広がらない話題。マッスーは車の免許を取った、手越はカラオケが好き、亮は楽屋でギターを弾いてミスチルを歌うと一通り出揃ったところで、亮「内は釣りやな?」とフリ。しかしどんなにがんばっても所詮アホの子(IQ56)内「は?」と目を丸くして聞き返す。二度三度と「お前(の趣味)は釣りやな?」とたたみかけられ、ようやく気づいて内「……はい」この、お・ば・か・さんv この辺の流れで「大きな魚がイッパイ」と言いかけて噛んでしまった亮「オッパ……」(!)一旦は止めたものの、客席の期待(?)に応えて亮「なんや悪いか、オッパイ!オッパイ!」と連呼。当然小山(にうすの舵取り役)に窘められておりました。
「彼女が出来たらどうなりますか?」なんや、この質問。と思ったら、やっぱり出題者は内。人の恋愛事情が気になるお年頃?相手を引っ張るか引っ張られるかという質問に、「俺は引っ張るよ」と山P、男らしい発言。内容そのものより口を開いてくれたことが嬉しくて仕方ない客席一同。
結局BOXの中に入っていた質問事項全て使い果たしても、さほど盛り上がりを見せないままネタ切れ(爆)。話が途切れたところで、アルバム宣伝を兼ねて「夢の数だけ愛が生まれる」を披露。


ごみ箱(作曲加藤・作詞手越)
もーうー、あんたらは何をしたいのー?冬コンに続いてシゲがギターで作曲、手越が詞を付けた曲を披露。そりゃラップよりかは何倍もシゲにはこんな空間の方が似合いますが、聞かされる方は正直微妙ですよ?客席の反応を見てー。消費者ニーズをよんでー。

【ジャズメドレー】
新曲?〜NEWSニッポン(亮・小山)〜希望Yell(草野・手越)〜紅く燃ゆる太陽(山下・加藤)〜チェリッシュ(増田・内)

これでメンバー全員居ますよね?いまいち記憶が曖昧なメドレー、間違えてたらこっそり教えて下さい。各曲ジャズ風のアレンジを施してるので、勝手にジャズメドレーと命名。たぶんそう外してはいないだろう。(ヤマカン)マッスーと内なんて珍しい組合せじゃないですかー。亮と小山の成人コンビも。たぶん新曲で椅子を使ってジャズ風のダンス。そうそう、新人アイドルは事務所の伝統芸に乗っておきましょう。

Say Hello
ジャズというかミュージカル調繋がり?少クラでもやってた曲ですが、結構スキ。この辺はずっとにうすさん達8人だけでした。

【Jrコーナー】
タイトル失念(Q)
確か少クラかなんかで歌ってた曲だから調べればわかると思うんですが、そこまでの情熱はないのでこのままで。それどころかクエスチョンズの表記はQだけで良かったかすら不安です。ドラムの淀川くんはかつて関ジュコンにも出てくれたことがある('99年当時)のでなんとなく愛着もあるし、野田優也も一時MAD扱いだった時に馴染みもあるんですが、米村くんと藤家くんがよくわかりません……とか言ってたらそれどころじゃない!どっちかっつーと地味目バンドQの中、やけに見覚えある顔が、と思ったらそれは石垣大祐(@FIVE)!な、なんでアンタがこんなとこに?(つうか今初めて気が付いたのか、お前は)キーボードの助っ人に呼ばれたにしてはQと一括りに紹介されてるし、どうなってんだ?Jrバンド班。

Believe my story(内)
どこまでがJrコーナーなのか曖昧な構成ですが(苦笑)、一応これはにうす内のソロ曲?前日大倉がゲストに来た時はドラムも担当したそうですが、本日は先程の曲に続いて淀川くん。エイトの公演では滅多にやらないVW曲ですが、時間に余裕があるアリーナツアーならではの心遣い。バックはBOYS以下のチビッコJrが付いてました。わーい、久しぶり!(爆)後半戦は極端に出番の少ない関ジュですが、ようやく出てきました。ここでチビJrってことは次の曲は……と、期待を膨らませてると、フライング?長谷川の姿が!と思ったら進也でした(笑)。どうもパーマを当てた進也を遠目だと一瞬長谷川に間違えて仕方ない。

Do you agree?(亮・内)
そしてそして、まさかまさかのアグリに文一エイト公演ではバックの付かない曲なのに、にうすだと面子が足りずに関ジュ中堅陣がワラワラと。ありがたや、ありがたや。センターステージ一列目に立った文一、たぶん並びはNEWSニッポンの時と同じだと思うんですが、あまりに文一に夢中で他のメンバーが一切目に入りません。(役立たずレポ)やっぱり私の位置からはちょうど真横になって見づらいんですが、それも気にせず双眼鏡をロックオン!正にガン見。いつもすばるが喝をいれる間奏、「行くぞーっ」の声が聞こえないのは寂しいんですが、そこで腰を落としてリズムを取る文一が絶品。そうしてほとんどの関ジュがセンターステージに揃う中、中間桐山の正式BADの二人は亮に付いて花道を通るんですが、その姿の堂に入ったこと。「BADのコンサートへようこそ!」と幻聴が聞こえてきそうな笑みを浮かべた微笑みの貴公子中間と、「今夜はお前を帰さない」とキラースマイル桐山アンタら無敵や……(呆)。しかし内の決めパート「Do you agree♪」で横山のキッスがないと物足りない私は、完全に松竹中毒のようです。

指輪(山下ソロ)〜マジック
お馴染み山P作詞作曲のソロ曲を、今回はアレンジを変えてタンゴ風に。Kブロ前の外周に登場した山Pの上になにやら赤や青のライトがついた物体が下りてくる……あ、指輪か。(納得)え?そんなベタな!(即座に反発)しかも曲が終わるとセンターステージ上には安っぽいハリボテセットが用意され、まさか……と恐れおののいていると、やっぱりやったよ!人体消失マジック!うわああ、懐かしい〜。2000年くらいのJrコンでよくタッキーがやってたわぁ。TVでもやったもんね。ナウッ!って一時私の周り(のジャニファン)で流行りました。去年関ジュ目当てに久々に大阪公演だけ行った滝翼魂でまだマジックやってるの見て、三つ子の魂百までと思いましたわ。そりゃあ滝沢さんの秘蔵っ子山下さんが今までやらなかったのが不思議ってもんです。だから皆さん、暴動は控えましょう。

Devil or Angel
うん、なんかカッコイイ系の曲だったんじゃないかな。(←レポに疲れてきたらしい)とりあえず関ジュは出てません。

希望〜Yell〜
残念ながらここでも関ジュは付いてません。フレッフレッやってる文一が見たかったのに〜。東ジュはちゃんと出てるので、二階堂と千賀の薄濃シンメを見てました。

バイブレーション?
新曲だと紹介されてました。アルバムに収録されるそうです。結構ノリのいい曲。しかし肝心のタイトルを言わないところが、まだまだ宣伝慣れしてない初々しさと思うべき?サビで何度も「バイブレーション」と繰り返してるので、これがタイトルかなぁと、やっぱりヤマカン。

新曲
さらに新曲。やっぱりフルアルバムが出るとなると、一気に曲が増えますね。どうせならツアー前に発売しておけばもっと客席のノリも良かったものを、商魂たくましいくせにいまいち商売下手な事務所らしい。しかし後半最後に一気に新曲を詰め込む構成、もう少し全体のバランスを考えましょう。

チェリッシュ
一体一回の公演で何回チェリッシュやる気だ!まぁまだ発表してる曲数が少ないので無理もないんですが、「皆さんのおかげで一位を取ることが出来ました」と生々しい挨拶(笑)と共にイントロ。アンコール前ラストのお手振り曲となり、関ジュ最後の出番です。一斉に外周に出てきた関ジュの衣装は、ピンクのスタジャンにピンクのパンツ!めちゃめちゃカワイイ〜!!にうすテーマカラー万歳!これって新衣装?今まで私が参戦した公演では(たぶん)見たことないんですが、ちょっとテロっとした生地のピンクのジャンパーは今回のバック衣装で一二を争うツボ!文一はAブロ前の外周でリボンを手に持って立ってるだけなんですが、それが素晴らしくカワイイ。衣装の力は大きいね!しかし文一を追ってる時にたまたま目に入った(酷)濱ちゃんは見覚えのあるピンク地に黄色い縁取りのロングジャケット。('99年くらいからある衣装)もしやBOYSは別衣装?今回は関ジュが参加するお手振り曲がこれだけだったので、東西交流を目にする間もなく終わってしまったのが残念。しかしそれでもお釣りが来るくらいカワイイ衣装だったんですー。ぜひ平成ドリボでもあの衣装を活用して欲しいけど、普通に考えてにうすコン用新作衣装ならGWは横アリで使用か……。

【アンコール】
前回冬コンではアンコールの掛け声は普通に「アンコール!」だったと思うんですが、今回からほとんど揃わない「ニュース!」に変更。おそらくジャニでは嵐が初だと思う、このグループ名連呼の掛け声、実はとっても恥ずかしい。エイトですら恥ずかしいのに、とても余所サマのコンサートで口に出来ません。(と言う理由で座ってアンコールを待つ)

紅く燃ゆる太陽
ざっと探して関ジュがいないことを確認すると、そこからは東ジュチェック。だって藤ヶ谷がいるから!(笑)なんと長谷川・進也に続いて藤ヶ谷までふわふわパーマをあてており、これはファッションリーダー山下智久の影響か?藤ヶ谷だけでなく、とにかく愛想のいいキスマイ陣、至る所でお手振り笑顔のサービス。ああゆう子のウチワを振る人は幸せよね……(自嘲)

きらめきの彼方へ
もう一曲行っちゃう?と、これもなんとなく知ってるような曲。そこで、内をおぶったシゲが花道を突進してサブセンターまで駆け抜ける!この時の内の顔がめちゃくちゃ楽しそうでかわいいー。外周まで来たところでベチャッと潰れてしまって、そのまま内にプロレス技をかけられるシゲ。逃げようとするシゲを足で挟んで遊んでる内は、最後にはシゲ上に乗っかって子亀状態。その上に更に寄ってきた小山まで乗っかり、瀕死のシゲは見物でした(鬼)


……以上、一回こっきりしか見てないにうすコンレポ、勘違いや思いこみ多々あると思いますが、お気づきになった方もナマ暖かい目で見守って下さい(汗)