×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



関西ジャニーズJr.おめでとうin城ホール

2008.1.3(木) 12:00/16:00 二回公演


あけましておめでとーございまーす!(すいません、このレポ書いてるの2月) 新年だめでたいな祭りだなついでに関ジュコンでもやっとくか。と、事務所が考えたかどうかはわかりませんが、とりあえず滝翼コンで1/5・6と城ホールを押さえてるから、ついでにもう少し伸ばして何かに使うか、って発想はGWカツンコン続きの初城ホと同じ流れ。まだまだ先輩のステージを借りてしか城ホには立たせてもらえない関ジュ達ですが、三が日からのコンサートはさすが正月気分満載で、ステージの左右には巨大な門松が設置。初詣に行きそびれた人にその疑似体験をさせてくれるグッズ売り場は相変わらずの長蛇の列、担当のグッズをお守り代わりにお賽銭のごとく万札が飛び交う、有難いんだかなんだかわからない光景でした。(決して御利益はなさそう)
ともあれ、エイト亡き後(勝手に消すな)の関西勢に勢いをつけてやろうとする社長のお心遣い、痛み入りました。例えその愛情の
9割9分9厘が優馬に注がれていても、おこぼれで充分楽しめましたとも城ホール。少なくともGWの十倍は楽しめました!勝因として考えられるのはやはり、コントをキレイさっぱりカットしたことでしょうか(爆)。やっぱ物事にはバランスというのがあるので、松竹では楽しく思えても城ホクラスでのコントは激危険。それを学ぶことが出来ただけでも、昨年の初城ホコンには価値があったと思います。
さて、肝心のコンサートの内容に移りますと、
ステージは縦使い360°で横花道有りの“日”の字型。先に年末の滝翼コンに行った人からステージ構成を聞いていたので、それはまあ予想通りでした。セットも基本そのまま使わせてもらってますが、大がかりな仕掛けはさすがに使用禁止だったみたいで(笑)、二日後の滝翼コンに行くといろいろ違いに驚かされました。なんせ滝翼だと天井からクレーンが降りてくるわ、関ジュでは閉じっぱなしだったスクリーンが真っ二つに開くわ、更にその間からでっかい電飾のセットが出てくるわで、おそらく見学に来てたジュニア本人(代表:大智)も、「あのとき触るなって言われたセットはこれやったんか!」とか思って見てたのでは?(笑)
あけおめコンなのにいつまでも放り出してレポを書かないでいる内に、2月発売のアイドル誌にセットリストが掲載されたので、それに添って感想を書いてく羽目になりました。



【Overture】
和風のOP曲に合わせてムエタイ弟が羽織袴で登場。(珍しく服を着せてもらって良かったね!) そこから大智の「準備はいいかあー!」ってかけ声の後、関ジュ登場!と思ったらメインメンバーは平成WESTのみ、外周には新中堅他ジュニアメンバーがどっと飛び出してきます。外周組はJの文字が入った白い幟を掲げての賑やかし、その中にべてらんメンバーが見あたらないのは出世と思うべきなんでしょう。しかも外周組は出てきてちょっと暴れたと思ったらすぐに撤収で、12000人を収容した(はず)(なんと立ち見席まで出た!)城ホールのステージを平成WESTが独占。

1.オープニングメドレー
a.Rocks

さてここから(私的に)真打ち登場!Kinkiの名曲に乗せて大智よりOSSaN、BOYS、BADとユニ組のメンバーが紹介され、そのどさくさに紛れて出てくるべてらん。(当然紹介はナシ) もちろん先に平成WESTとして出てるメンバーはその中に含まれないので、欠けのないBADや全員平成入りのトプキはいいけど、人数の足りないBOYSとOSSaNが切ない限り。

b.Keep on running
c.JUMBO

この選曲、むしろラストスパートの流れでは。確かべてらんはメインステに残留して、文一伊藤が下手にいたから、龍規菊岡は上手にいたのかな?(視野狭っ) この間、ひたすらはね回って客席を煽る文一が可愛い!……と言いたいんですが、初回は文一の髪色の衝撃にやられて双眼鏡を取り落としそうになりました。松竹座終了の25日から年明け3日までの間にうっかり美容院にでも行ってしまったんでしょうか。裾の一部オレンジだった部分が広がって、それとは別に左側の前からサイドにかけての髪が金に近い茶色にチェンジ。もしかして歩いてて左側だけペンキの缶に突っ込んだ?と尋ねたくなるほどの色彩でした……。


2.Ultra Music Power
なぜ関ジュコンでこの選曲?という疑問はヘイセイ7WESTの存在で解決(…)。ただし歌は別撮りしてる暇がなかったのか、明らかに本家の声に被せてました。藪や知念の声が聞こえる関ジュコンて(笑)。しかしこの曲の見所はそんな些事ではなく、バドボオッサンべてらんが真剣に振りをつけて踊ってる姿が壮観!(惚) 文一は引き続きメインステ下手で伊藤と並んで踊ってたんですが、この手の“可愛いけど細かく踊ろうと思えばいくらでも凝れる振り”が大好きな私には、堪らないモノがありました。特に間奏の振りとか、サビで胸に手を当てるとことか、挙げ出すときりがないくらい萌え!の塊でした。そんな素敵なダンス中、文一は何度か隣の伊藤に構ってもらいたそうにしてたのに、当の伊藤は終始振り覚えが怪しく自分のことに精一杯だったため(爆)、全く反応を返してくれず。そして当然ながらメインステ真ん中は平成WESTの立ち位置なので、その後ろにあるセット上に淳太・濱ちゃん・桐山横ソロメインバック(むしろ特別ゲスト扱い)三人組が揃い、妙に豪華な雰囲気に。しかもBADはファー付きオレンジの豪華衣装だから、余計そっちが目立ってました。松竹からこれを踊ってるはずなのに未だ慣れない佐竹も気になるし、前後左右見所満載で、いっそ二三回繰り返して流してほしかったくらい。(とか言ってたら後半で……)


3.先輩メドレー
a.SAMURAI/×~ダメ~

松竹と同じく始まりで室三男が見得を切ってたような……いや、でもそれは年末の残像だったような……。とにかくチビッコ&新人中心だったはず。

b.Keep the faith(BAD&BOYS)
センターステにバドボが出てきてサビが流れたときの歓声の大きさに、改めて彼らの人気を実感しました。そしてカウコンで聞いた本家より上手い濱ちゃん&桐山のツインボーカル(笑)。どこから手を付けていいのか、とにかく濱田が!崇裕が!かっこいい!!(こんな素直な感情を述べたのは久々って気がする) 松竹でもかっこよかったけど、バドボの存在感はむしろ城ホール向き。若干長めに歌ってくれたのも嬉しかった。だからBOYSの中で1人だけヘイセイ衣装を着てる人が混じってるのも気にしません……。

c.喜びの歌/絆(OSSaN)
この辺の流れはほぼ松竹と同じですが、会場が広いとやはり雰囲気が変わりますね。確かOSSaNはメインステに出てきたと思うんですが(ちょっと自信なし)、そこで佐竹の「止まらねぇ~!」が声が上ずった感じで可愛かった(笑)。

d.DANCE
曲の間にOSSaNが踊り、次に淳太&べてらんで出てきたときも踊っていたので、これがどっちのダンスを指すのか不明。(すいません、公式セットリストに従ってますので)

e.Music for the people

淳太&べてらんという意外な(でもないか)組み合わせでセンターステに出てきてダンス、この面子を見ただけでも興奮したのに、そこからテンポが変わって流れた音を聴いた瞬間、全身の血がたぎりました。みゅーじっくふぉーざぴーぽー!この曲、ごっつ好き~~!!(大興奮) 松竹より尺が長い分、先輩メドレーを一つ追加したみたいですが、大・正・解。(←超個人的判断) べてらんは見たことない揃いの衣装(でも安物そう←とか言ってたら、本家が昔着てた衣装らしい)を着ていて、淳太だけエイトのお下がりっぽいゴールドコート。このダンスがめっちゃくちゃ良くて、時間的に難しいのは分かるけど、フルで見たかった~。

f.HONEY BEAT
こちらは優馬&流星withチビッコ達が担当。私としては文一にサビの「笑って~♪」の振り(ほっぺに指を当てる)をやってもらいたかったんですが、少クラで山田くん達がやってからすっかりチビッコイメージがついてしまいましたね……。(歌ってるご本人達はオール成人なのに)

g.星をめざして
バックステにべてらん登場。会場を多面的に使えるのがホールクラスとアリーナクラスの違いなんですが、初回はどこから出てくるかわからないびっくり箱的な楽しみ(時には苦しみ←咄嗟に見つけられなくて)もあります。すっかりべてらんのイメージが定着したエイトお下がりの青ゼブラ衣装だったので、「みんないるかーい♪」で文一のむき出しの腕を堪能しました。(真冬にノースリ万歳!)

h.weeeek
この辺から人が増えた気がしたので(視線はずっと文一に固定していたからあくまで気配のみ←どんなレポだ)、おそらくべてらん以外のメインメンバーが出てきたんだと思います。

i.LOVE SO SWEET
前の曲から引き続き全員参加。やはり(エイト以外の)先輩曲はアリーナクラスがよく似合うように作ってますね。

j.HAPPINESS
これは松竹でなかった曲が追加。出だしの「走り出せ♪」で、大抵外周にいた文一はホントに走り出す動きをして、でもその場に留まったままルームランナー状態なのが可愛いかった。



【挨拶】
<一部>

メインステにBOYSべてらんOSSaNトプキら辺が集まってのご挨拶。BADはこの後にすぐ曲をやるのでいませんが、こういう公の場(?)に何食わぬ顔でべてらんが混じってるのに感動。口火を切ったのは大智でしたが、濱ちゃんがやたら「今日は祭りなんで」と言ってた記憶しかありません。この後に続く松竹ではコントの中に組み込んでいたメドレーを、何の脈絡もなく「BADでスペイン!」と紹介してました(笑)。
<二部>
大智に煽りを任された薫太、「おーい!」「おーい!」の繰り返しで、「ありがとうございました」と一礼。即座に大智に「自己満やん!」と突っ込まれ、これが二人のあるべき正しい姿。(アホ犬と飼い主) 一部であまりに唐突すぎたと思ったのか、二部では先に「いろんな国をテーマに」と、WORLDコーナー(と言うらしい。@POTATO3月号)の趣旨を説明してました。



4.スペイン(BAD)
a.DANCE(フラメンコ調)
メインステにBADが現れるとグッと場内がコンサートモードになるので、一番手には最適。松竹と同じはずの淳太の闘牛士風ダンス、桐山のシルエットダンスは、会場がスケールアップしても充分鑑賞に耐えうるものでした。(元々シルエットダンスとかはアリーナクラスでも先輩がやってるし)

b.Magnetic
↑で感心しつつも、やっぱり城ホでも松竹と同じくバックメンバー、もっとはっきり絞り込めば
佐竹と大田の混乱ぶりばかり見てしまいました。OSSaN代表(?)、二人して目ぇ泳ぎすぎ!(笑) 流れは松竹と同じはずなのに、まるで初めてこの曲に加わったような初々しさ。彼らの中では会場が変わると全ての記憶がリセットされて一からスタートする仕組みにでもなってるのかもしれません。これがOSSaNのフレッシュさの秘密?(笑) 他、マグネのバックに付いてるのは重岡・悟空・楠本・颯とかのメンバーですが、彼らの堂々としたダンスには普通に感心してました。城ホでも重岡のソロダンスには些かの不安げもなく、関ジュというよりは東ジュの子役出身っぽい感じ。


5.アフリカ(BOYS)
a.They Don't Care About US
バックステ中心の構成。衣装なんかは松竹と一緒(もっと言えば翼ソロコンと一緒)でしたが、下手外周から出てきた薫太がソロダンス、上手外周の龍太がバック転を決めて、バックステで新中堅を引き連れ歌う濱ちゃんに合流。あれ?大智はこの時どこにいたっけ?メインステにいた気がするけど、そしたら次の曲のトロッコに乗れないし……。真鳥と吉田が太鼓の呪縛から解き放たれた(=ダンスに参加出来る)喜びに、肝心のBOYSを見てなかった~!(本末転倒)

b.Love or Guilty
曲が切り替わる前にアリーナを横切るトロッコに乗って高速移動するのが格好いい!上手通路を通るトロッコには濱龍、下手通路は大薫の組み合わせで、センターステに着いた時に勢いで飛び降りる龍太と、余裕の感じで降りてくる濱ちゃんが対照的。たぶんトロッコ移動って人力だと思うので、足元では担当スタッフが息切れしてるのでは?その間、バックの新中堅達は自力で外周を走って移動。関ジュ内にもこんな格差が出来るなんて……。歌い終わったBOYSはセンターステからメインステまで同じトロッコで移動するのに、濱薫と大龍に組み合わせ変更。今度はそんな高速じゃありませんでした。(スタッフの体力の限界) この辺でおや?と思ったんですが、石田くんが見あたりませんでした。気になって二部でも探してみたんですが見つからず。パンフには載ってるから、急な病欠かなんかだったんでしょうか。


6.ミラノ(OSSaN)
a.DANCE(ミラノコレクション)
舞台仕立てがないから濱ちゃん(の声だったと思う)が「ファッションショーの国イタリア、ミラノ」と紹介。センターステで長尾→佐竹→大田→千崎でソロダンスを踊ってくんですが、ここでもバックの子と全然足が揃わないOSSaNクオリティ(笑)衣装はバラバラだった松竹のときとは違って、全員黄色スーツでした。(GW城ホで大田が衣装間違えした時に他3人が着てたヤツ←古傷)

b.Theme of OSSaN
↑の黄色スーツとはちょっとだけデザインの違う衣装で、OSSaNの“a”担当・足立くん登場。こんな微妙に似た衣装探すくらいなら同じの作った方が早いと思うんですが(笑)。


7.中国(べてらん)
a.カンフーファイター
ちょ、これこんな名前があったんですか!(←セットリストを見て驚いた) 勝手にカンフーダンスと呼んでたら、正式名称は“カンフーファイター”だそうです。メインステに出てきたべてらんは、やはり伊藤と菊岡だけ殺陣みたいなのがあって、見栄えがしました。

b.COSMIC RESUCUE
途中で4人縦一列に並ぶ振りがあり(いわゆるカウントずれ)、それが菊岡を先頭に伊藤・文一・龍規の並び。もちろん正面から見ると、文一の姿は完全に伊藤の後ろに隠れてました(怒)。そらそうだろうよ!ジュニア標準身長の伊藤と、小粒代表の文一(でも舞闘冠では長身の方ですから!笑)では、確認するまでもなくそうなるでしょうよ。絶対松竹のときはこの順じゃなかったはず!一体なにが目的でこんな並びにしたのか、全く理解できません。このとき菊岡だけしゃがんでたんですが、もしかして伊藤も中腰とかになる設定だったんじゃ?と、秘かに疑ってます。歌の方は松竹と同じく文→龍規→菊&伊藤の順で歌ってくんですが、文一が自分のソロパートで歌いながら細かく足だけ踊ってるのに初めて気がつきました。これって松竹からやってた?


8.NY(関西ジャニーズJr.)
a.Hello Broadway
このときも英語で紹介してる子がいた(それも1人じゃなかった)んですが、全く誰かも判別できないまま。(と言うか最初から放棄) メインステにトプキ&新人達が出てきたので、言うまでもなく私は松竹から目を付けた根来くんをガン見。センター位置近くにいるバッケスの右隣にいる背が高くて顔がちっちゃくて手足の長い子なんですが、体が大きい分かなり他の子よりスペースを取って踊ってました(笑)。

b.Can't Take My Eyes Off Of You
メインステの真ん中に設置された階段を、文一と桐山が並んで下りてくる(後ろにもちろん他バドボべてらんメンバーもいます)のにグッと来ました。セットの効果もあってか、松竹より更に皆のタキシード姿が様になって見えるアリーナ・マジック。歌は淳太→桐山→文→濱ちゃんの順だったと思いますが、文一の歌う声の高さに毎回驚かされます。(喋る声がアレなだけに……) 小道具のステッキは、現関ジュのダンスレベルでは残念ながらさほど活かされないままでした(笑)。

c.Lullaby Of Broadway
センターステに大智が吉田真鳥シンメを引き連れ登場。松竹より大分ロングバージョンになってる気がしました。大智の甘い声には合ってる曲じゃないかと思いますが、おかげでせっかくのバドボオッサンべてらん勢揃いの曲に参加出来ないのは残念な気もします。

d.Hello Broadway
今度はメインステ、センターステ、それぞれの位置から全員で唱和。この辺はひたすらメインステの文一ガン見だったので、他の様子を知り得ないのが残念。(自業自得)


9.JAPAN
1月1日

ブロードウェイの世界が終わると次はどっぷり日本のお正月の雰囲気で、「とーしの初めの♪」に乗せながら、BAD&ムエタイ・BOYS・トプキ・OSSaN・べてらんがそれぞれお題に答えていくつまりは大喜利コーナーです。しかもべてらんがオチ担当。(見てるだけで胃が痛い……)

<一部>
一回目【好きな食べ物】

淳太→辛い物(「辛い物を食べてると幸せです♡」という淳太を見て、幸せになりました)
濱ちゃん→肉(ノープランだったみたいで、オチ無し)
優馬→オムライス(「オムライス」と言っただけで可愛いと言われる立場)
千崎→肉(「馬田くんと被るんですけど」、とボケて、本年初すべり)
文一→
カルシウム(ドスの効いた口調で場内爆笑。ちゃんとオチで笑いを取れて良かった!笑)
二回目【マイブーム】
ム兄→寝ること(大智に「背を伸ばすためにも」と言われてましたが、この子見る度おっきくなってますよ!)
龍太→サッカーゲーム(これまたノープランの、オチ無し)
神山→ダンス(9年やってます、の言葉に
「ダンスだけで言うとべてらん越えてる」という大智が怖い……)
佐竹→ゴルフ(めざせハニカミ王子ならぬゲラ王子!ホンマにオッサンやな、と言われてやや受け)
龍規→日光浴(スベったことに受ける場内。
業界用語で「ムロった」というそうです。←それがまたサムい
三回目【告白の言葉】
ム弟→めっちゃ好きやねん!(これは素直に可愛くて◎)
薫太→愛してる……(カメラに寄り気味で色っぽい声で言うから場内大歓声。反則!)
流星→めっちゃ好きでーす(
色紙に書いた字が小さすぎるとダメ出しされる)
大田→めっちゃ好きやー!(CMか!と突っ込まれるが、その元ネタがわからない)
菊岡→
アナタノコトガスキダカラ~!(絶対スベる!と思ってたのにちゃんと受けて良かった)
四回目【2008年の目標】
桐山→口にマシュマロが何個入るか(
淳太「2008年じゃなくても出来るけどね」と冷静なツッコミ、ナイス!)
大智→
デビュー(!) (こ、こえぇ~!!←会場引き笑い
竹本→ダンスの上達(なぜか色紙に書いた文字を見せないのが可愛い)
長尾→ダイエット(女子か!と言われてましたが本人は気にしてるんでしょうね~)
伊藤→宇宙でバーン!(なんでもこのオチか!)

<二部>
一回目【好きな食べ物】

淳太→チェリーパイ(超可愛い口調ながらも、「欧米か!」と大智よりお約束的ツッコミ)
濱ちゃん→小枝(色紙には“小技”と書いてたんですが、マジボケ?とりあえずスベった空気に)
優馬→オムライス(一回目と同じ。トプキにお笑いは求められてないのでOKです!)
千崎→らっきょ(大智に「らっきょみたいな顔して」と言われるも、ややスベり)
文一→シチュー
“チュー”はネズミの絵で可愛く受けてました。多少絵心あるみたいです)
二回目【マイブーム】
ム兄→寝ること(一回目と一緒)
龍太→顔芸(メェ~と言ってた気がするので、羊の物真似?)
神山→ダンス(一回目と一緒)
佐竹→でんぐり返り(“でんぐり返り”って言葉久々に聞いた!かわいい~)
龍規→
見学 (下に小さく“全ステ希望”と追記有り。2008年もジャニヲタ街道まっしぐら!)
三回目【告白の言葉】
ム弟→めっちゃ好きやねん(一回目と一緒)
薫太→好きだっちゃ!
ラムちゃんのイラスト入りで、ちゃっかり客席を沸かせてました)
流星→めっちゃ好きでーす(一回目と一緒)
大田→キミの瞳が眩しいぜ!(勢いがあって◎。しっかり歓声も上がってました)
菊岡→もう君以外愛せない(キャー!と歓声が上がったのに、
歌うとすんごい下手だったので一気にテンションが下がる。←本人は「あれはわざと」とアイドル誌で弁明)
四回目【2008年の目標】
桐山→プチ整形(大智?に「もうちょっと自信持とうよ」と言われる桐山が可愛かった)
大智→
村上越え (素晴らしい~!2008年始まっていきなり名言出ました!)
竹本→ダンスの上達(一部と一緒)
長尾→ダイエット(「今60Kg」と答えて、
ドン引きする会場に「ひかんといて~」と言ったのが可愛かった)
伊藤→宇宙一周(全てこのオチ……。水金火木土天海!と叫んでました。←ちゃんと冥王星を抜いてる細かさ)


このコーナー、各自の出来はともかく(…)、互いに色紙を見せ合ったりしてるのがめっちゃ可愛かった。文一の書いた色紙を龍規が遙か上空から見下ろして、そこから笑い崩れたりしてるだけで充分満足でした。伊藤と菊岡もなにかキャッキャしてて、この2人がコンサート中に絡む姿ってのが非常に新鮮!しかし一部での大智の発言があまりにすごすぎて、「何なん!?アンタ1人でなんか確約もらってんの?」と、ずーっと気になって引きずってました(苦笑)。


10.
a.Hey!Say!

↑のコーナーで回答を書いた色紙を客席に投げてましたが、これって大体投げる場所決まってるんですね。ヲタ暦○年にもなるのに、そんなこと全然知りませんでした~。一部では目の前の外周で丈一郎が踊っていて、もうあまりのキビキビっぷりに釘付けに。俺についてこれるヤツはついてこい!って感じの、超自信満々のダンスが素晴らしい。二部では飛んできた色紙に気を取られ、まともにステージを見ることが出来ませんでした。(どうやら投げ込みやすい位置だったらしい)

b.男前サンバ
MC前のお手振り曲。ここでは大智と文一の絡みが多くて、一部ではすれ違うときにヒゲダンスみたいな腰を落とした振りを合わせ、二部では外周を歩く文一を大智が肩を抱いて捕獲。それから花道に連れ出して、センターステで振りを合わせて遊んでました。たまたまその場にいた淳太もちょっと付き合ってくれて、私の好きな子が集結した夢の空間。ここで文一のソロパートが回ってきて、大智と淳太に挟まれてニコニコして(←いつもよりは※当社比)歌う文一が可愛い……!



【MC2】
<一部>

■MCになるとすぐに声をかけて座らせてくれる心遣いが嬉しいけれど、年かさの客(=私やその連れ回り)はさっさと言われる前に座ってました、すみません。でも言われるまで座らない若いお客さんが多数だったので、今後もその習慣は続けてください。(←勝手なことばかり言う)
■そんなお客さんの若さに負けてられないと、「一応十代やから」と自分の若さを確認する大智と桐山。しかし直後、「ごめん、横に伊藤くんおった」と言い出す大智、なんだ!
MC冒頭から年寄りいじめか!いいえ、齢24歳でも心は宇宙を夢見る少年の伊藤、すぐに桐山が「いっしょにプリクラ撮ったとき、マーシーが一番はしゃいでた」とフォローなのか暴露なのか境界線の難しい発言。4人くらいで撮ったプリクラ代400円を、『誰が払う?じゃんけんしようぜ!』と、最年長がウキウキした口調で提案してたそうで、そこはアンタが払うべきじゃないか?年男!しばらく伊藤いじりが続いて、大智が“笑った次の瞬間すぐに冷める”伊藤の物真似を披露。
■「正月なにしてた?」と聞かれて、「初詣に行った」と答える濱ちゃん。しかし年越しの瞬間は、初詣に出かけるために着替えている間に迎えてしまったとのこと。大智に「(ジャニーズ)カウントダウン見てなかったん」と聞かれて、「見てない」と素直に答えた濱ちゃんに、ステージ及び客席からブーイング。大「ガキ使見てたん?」濱「はい」大「そこは嘘でもカウントダウン見てたって言わんと」と、大智さんから有難い世渡りの教え。
(濱ちゃん、すぐにメモって!) 「じゃあ(カウコンで)翼くんの髪型見てないの!」と大智が言い出し、その話に乗ってきたのは桐山。途中からTVをつけると坊主頭の翼がいてめちゃくちゃ驚いたという桐山は、一瞬の躊躇の後、「似合うよな~」と続けました。(ほら、濱ちゃん、これもメモって!) だったら自分もやってみたら、と言われた桐山は「俺は似合わへん」と辞退。(これが世渡りってもんですね)
■カウコン話に入れない濱ちゃんは、「誰か初夢見た?」と別の話題を提起。そこで大智が、「初夢で文ちゃんが出てきた」と告白。以下、夢の内容を大智の言葉(うろ覚え)で語ると、「文ちゃんが呪われるねん。ほんで呪われた文ちゃんが『俺を殺してくれ』って頼んできて、俺はえんぴつで文ちゃんを刺すねん。そしたら文ちゃんは『ありがとう大智』って言って、『文ちゃーん!』って叫んだとこで起きた」。はい、この中で何回「文ちゃん」という言葉が出てきたでしょう?……そんなに文ちゃんが好きか、大智!同志よ!(がしっと固く握手を交わす脳内イメージ)
■ところが初夢話を振ってきた濱ちゃんは、自分は初夢を見てないと言うオチ。(天然) だから人の初夢話を聞きたいと言うことで、その場にいたメンバーに「初夢見た人ー」と声をかけると、先程話題に上がった文一が挙手。(←速攻大智が食いつく) しかし当てられた文一は、「これは言われへんわ~」と一歩引いて、なぜかそこで濱ちゃんがなぜ言えないかを説明。というのも、その日濱ちゃんは文一のとこに泊まっていたそうで、
おそらく初詣→リハ→お泊まりコースだったと推測。
■文一の初夢が言えないのは、身内の名前が出てくるからだと濱ちゃんが説明し、そこから文一特有の断片的な会話がスタート。文「闘ってん、ジュニア何人かで闘ってん」大「説明すると、ジュニア何人かと振り付け師さんが闘ってんな」文「そう、めっちゃ喧嘩してんねん」濱「リハが続いて頭ん中いっぱいいっぱいやってんな」と、こんな調子で、文一トークを成立させるには周りの協力が必要不可欠です。(ありがとう、みんな良い子!) 目覚めた文一はその場にいた濱ちゃんに夢の内容を説明したそうで、おかげでかなりわかりにくい話が整理されて助かりました。その時の会話、文「城ホールでめっちゃ喧嘩してんねん」濱「え、ジュニアが喧嘩してるんですか」文「いや、夢、夢」ってのを濱ちゃんが再現してたんですが、お泊まりに行くほどの仲でありながら濱ちゃんが文一に対して敬語を使ってるのが秘かにツボでした。(大智なんて絶対タメ語だろうに) すっかり文一の夢の話で盛り上がり、濱「本番一時間前やのに城ホールちゃうとこで練習してんねん」文「ぜっったい、(本番に)間に合わへん。『どうするんスか』って切れてたら、パッと場面変わって今度は駅のホームで踊ってるねん」濱「振り付け師さんが水たまりの中で踊ってるねんな」と、まるで現実にあったことのように喋る文一と濱ちゃんのコンビ(笑)。
■トプキに初夢話を振っても乗ってこなくて、「嘘でもええからなんか言えよ!」と後輩に嘘を強要する大智(笑)。それとは逆に、人の夢の話になんでも乗ってくる薫太がアホすぎて可愛い(笑)。おかげで収拾の付かない会話が続き、
とうとう大智から薫太に喋り禁止令が発令。
■OSSaNに話を振ると、佐竹より「龍太が寝起きにゴキゴキって首を鳴らす」との話。しかし言われた龍太は知らん顔してて、そんなMC丸投げな姿がとっても可愛いと思いました(笑)。そこから室三兄弟の話が出て、急に呼ばれた将也はなかなか出てこなくて、「準備しとけって言うたのに!」と長男よりダメだし。さすが、過去エイトのMC中も常にスタンバってた男だけあります。(おかげで「ジュニア出てこーい」って声に誰よりも早く反応してた)
■優馬のバッテリー宣伝話から、1人で新幹線に乗るのが寂しい優馬のために両脇の席に座ると言い出す大智と桐山。(超迷惑) 桐山が「関西ジュニア代表で出てくれてんねから頑張ってほしい」と言ってましたが、優馬本人も周りの大人達も誰もそんなこと思ってないと思います(爆)。←と、これを書いた後日、
桐山(と淳太)がごくせん出演決定!あれは自分のことを言ってたのかな~と、今になって思いました。
■二日後に滝翼コンがあるから、出来ればお手伝いさせてもらいたいと大智談。
「事務所にダメって言われても行きます」との言葉通り、出演許可が下りなくても見学という形で参加してましたね。(実際は中堅以下のみ出演) タッキーと言えば、と舞闘冠話を切り出した桐山が「なにか(タッキーに)してもうたん?」と質問するも、人ごとって顔した文一に、桐「キミや、キミ!」。←この言い方が非常にオッサン臭くてお気に入り。

<二部>
■正月コンを毎年の恒例にしたいと言い出す大智と桐山。「皆さんの応援次第」とアイドル的コメントをする桐山に対して、「ファミリークラブに(コンサートの要望を)毎日ハガキ150枚くらい送ってください」と具体的な方策を示唆する大智。「嫌がらせと思われる」と、慌てる桐山がとっても常識人に見えました(笑)。最終的にはそれで(ファミクラの人に)怒られたら、全員で土下座して謝ることで収まりました。(土下座になんの抵抗感もない関ジュ達←ただし古株限定)
■城ホールでコンサートが出来る立場になって、しっかりしないといけないと思った桐山に、「下にちっちゃい子もいるからね」と同意する龍規。すると「室くんから見たら全員ちっちゃいやん」と切り返してきた桐山(腕を上げたな!)に乗っかって、「見下しのムロや」と言い出す大智。「やめろ、それでウチワ作られたらどうすんねん」と、すぐにファンの反応を気にする龍規は、自分も同じ目線を持ってるからこその発想だと思います(笑)。
■トプキにも話を振ろうとする大智は、しかし話を引き出すより先に衣装間違いに気づいてしまって、「さっきの回もやった」とダメだしモードに(笑)。それに言い訳する竹本の声を聞いて、「文一くんに似てない?」と言い出す桐山。面白がって二人を並べると、桐「(竹本に)自己紹介してみ?」大「文ちゃん喋ってみ?」(←この言い方が秘かにツボ)と指示。確かに二人共抑揚なく低い声で喋るので印象が似てますが、それを大発見!って感じで騒ぐ桐山と大智が可愛かった(笑)。竹本はちっちゃい頃の薫太にも似てると言われ、「間違った方向に進んだらああなるから気をつけろ」と、大智さんより有難いお言葉。
■薫太の間違いぶりを検証するのに、「パンフレット見ました?」と客席に問いかける、ネタ振りと販売促進を同時にやってのける大智さん。(さすが!) 基本、グッズ写真は全て前を開けて半裸で写ると指摘された薫太は、自分で「鏡を見ながら『格好ええな~』と思て」と、正直な感想を述べる辺りがアホで可愛い。「薫太は鏡見過ぎ」と大智より、リハ中も動きを止めて髪型を整えてるとダメだし。(そら振り覚えも進まんわ) 桐山に「ま、薫太はかっこいいからな」と言われると、「ありがとうな」と全肯定の薫太(笑)。そこで大智が「かっこいいけど、こんな男と付き合いたくない」と言うと、
客席から「ああ~」と納得の声が上がりました(笑)。
■大智が「優馬からのメールが減った」とこぼすと、淳太が優馬に向かって超優しい声で「どうした?浮気したんか、お前?」と声をかける。その口調自体にはめちゃめちゃ萌えて、私が彼女なら泣いて謝って浮気を許してもらう!とまで思ったんですが、しかしおかしいだろ、その会話!(笑) 普段は周りのキャラが濃すぎて見過ごしがちなんですが、淳太の発想もかなり変わってますよね……。
■理由を問われた優馬が答えに詰まっていると、桐山から「あのドッキリ以来ちゃう?」と助け船(?)が入る。エイトの城ホコンのときに優馬があるミスをして、それを見ていた大智は普通に注意するのは面白くないから、めっちゃ怒って泣かせてやろうとドッキリを仕掛けようと考えたそうで
(それ単に後輩いじめ)、公演後大智の控え室に呼ばれた優馬はその時点で半泣きだったらしい。失敗を大智に注意されて、6秒で泣き出してしまった優馬。控え室にはMCメンバー(バドボオッサンべてらん)がほとんど揃ってたそうで、そら顔見た時点で泣きたいくらい怖いでしょうね~(苦笑)。
■エイトからドッキリごっこの伝統を受け継いだ関西ジュニア(ろくな影響受けてねーな!)として、大智がお客さんにドッキリを仕掛けたいと提案。「ステージに登場した瞬間、全裸とか」と言い出した大智に(望むところ!)、慌てて桐山が「おい!」と注意。「今なんも言ってません」と即座に打ち消し、その後も「怒られる~」と呟いてた様子をみていると、全裸登場はJ倫に引っかかるみたいですね。(当たり前)
■各自のイメージカラーの話になって、桐山が赤、濱ちゃんが茶色、すると大智が突然「マーシーはねずみ色」と言い出す。それまで全く他人事で聞いていた伊藤は急に話を振られても応対できず、そこで桐山が大倉から聞いたという伊藤の奇行を公の場でバラしはじめます。歩きながら壁を触ってなにもないのに突然手を離したり、傘の先をタイルに沿ってなぞっていったりと、謎の行動を取る伊藤。(アメリカの精神科医とかに聞いたらなんか病名付けてくれそう) それに対して「夢遊病かな」と答えた伊藤は、自分で自分の行動を理解するのが不可能……と言いかけると、「不可能?」と大智が食いつく!そう、そこで松竹座で見せた「不可能を可能にする、それが伊藤博士!」の出番ですよ!しかし残念ながら
城ホールのお客さんのほとんどは松竹ネタが通じず、普通に「有閑倶楽部」と言われてしまいました(笑)。考えてみれば1008席×5公演の内、1人平均2回くらい(私の連れ回りは大体2~3回で、全ステって人も何人かいたことを考えるとこんなもん?)と計算すると、僅か2500人くらいの人しか松竹公演見てないんですよね~。
■一部に引き続いてカウコンの話が出て、大智は翼の頭を見て小島よしおかと思ったと発言。関ジュで誰が坊主頭が似合うかという談義で、桐山が「菊岡くんとか似合うんちゃう?」と言い出すと、無言でふるふると首を横に振る菊様が愛おしかった。佐竹は野球部時代に坊主経験があることが判明し、当時はボディーソープで頭から全身洗うことが出来たそうです(笑)。野球繋がりで バッテリーの宣伝に出てきた優馬に、ドラマに一緒に出してほしいと食いつく大智桐山ら辺。二部ではNHKのお偉いさんが来てたので頼み方も迫真のジュニア達。

■大智に「照史の考え古いねん」と言われた桐山は、「なんでやねん、こう見えて俺は昭和……」と、大事なところで言い間違えたために
(事務所的には死活問題のレベル)、年齢詐称思惑が浮上(笑)。アンタの売りはその顔で平成生まれってことなのに、そこで言い間違えてどうするー!
■舞闘冠に選ばれたことを祝われて、相当照れて口ごもる文一が可愛い!大智が「文ちゃん楽しかったん?」「(滝沢くんに)ブンタって呼ばれたやん」と、文一マニアっぷりを発揮する一方で、桐山は「滝沢くんて素のまんま?」「屋良くんてどんな人?」と質問攻め。それに対して「屋良くん意外にテンション高いけど、ダンスは上手いで」と上目線で評価する文一(笑)。舞闘冠の中では(文一のダンスは)何番目?と尋ねられて「人それぞれ好みがあるから」とかわす文一がとってもらしくて可笑しかった。そして何より可笑しいのは大智と桐山のテンションの上がりっぷりで、大「文ちゃん格好良かったよ、
フェイクとか」桐「そう!文一くんフェイクしてるねん!」と大はしゃぎ。おかげで私もそれに注目して見返すことが出来ました。ありがとう!(←最初見たときフェイクやってるとか全然気づかなかった人)
■こんな調子で関ジュの活躍の場が増えてると、まとめ話に入ります。桐「皆さんの声があればもっともっと」大「ファミリークラブにハガキ出して」と、はいキレイに締まりました~。



11.はつうた
MCメンバーそのまま残留で歌がスタート。カウコンで初披露された曲が、さっそく関西でも聞くことが出来ました。これ誰か特定のグループの歌ってわけじゃなさそうだし、これからもカウコンと正月期間に行われるコンサートのみで歌われるんでしょうね。(使用期間みじかっ!)


12.
a.和DANCE

ほぼ松竹でやったのを会場広げただけでしたが、紹介される人数及び一芸は増えてたような気がします。べてらんが抜けて、中堅以下のみが参加。それをBOYS4人で順に紹介してたはず。大智だけじゃなくて龍太とかもこうゆうことするんだーと新鮮でした。覚えてるとこで言うと、根来孟秀はムエタイ兄と一緒に下手外周前でダンス、根来将光は上手外周前でやっぱり本回し(笑)。宮司くんはもちろんバレエを披露し、楠本がトランペット、上村が空手着か柔道着を着てたからどっちかに参加してたと思います。(どんな曖昧な記憶)

b.Izanau
これだけはカットしてないでほしいと松竹公演を見たときから願っていたので、城ホールで見れたときは本当に嬉しかった!松竹より長い気がしたので、フルver.だったのかも?ここでは前曲に出てないいわゆるメイン組・バドボオッサンべてらん、そしてトプキというか優馬が一番目立つ衣装で出てたはずなんですが、なんせ左端の文一ばっか見てたんで、全くと言っていいほど真ん中を見てません(爆)。これは担当が出てる人は誰しもそうだったと思うんですが、そいれだけ見応えのある曲だったてことで。宝塚の大階段とまではいかないけど、メインステの階段を使っての登場が松竹よりランクアップされてる感じですごく良かったです。個人的意見ですが、これくらいダンスがしっかりあって大がかりな“魅せる曲”だと、アリーナ会場の方が映えると思います。

c.おろち太鼓
始まりの濱ちゃんの「どんどこどろりこ♪」って歌い出しの声がめちゃくちゃ好きだということを再確認しました。その後の文一のダンスがまた素晴らしくも楽しくて、この部分だけでもメディア映像に残してほしいと切望。下手からの並びが文一・薫太・龍規で配置されてる時間がけっこう長くて、この二人に挟まれると文一が小人に見えました(笑)。


13.Winter Lovers(桐山ソロ)
てっきり途中から淳太が出てくるものだと思ってたのに最後まで桐山1人で、ソロ曲だと気づくのに相当時間がかかりました(爆)。曲調は明るくて可愛い感じで、あえて例えるなら嵐曲っぽい。ここでの思わぬ収穫は、根来孟秀くんのダンスが相当好みだってことに改めて気づいたってことです。一部ではほぼ彼の立ち位置付近だったので、惚れ惚れと見てました。


14.虹色の歌(神山ソロ)
さすが神山様、桐山とただ二つだけのソロ枠をしっかり確保!ちょっと切ない系のバラードを堂々と歌いきって、ただただ感心するばかり。一つ残念なのはダンスがないことで、曲調的に仕方ないのかもしれませんが、せっかく踊れる子なんだからもったない気がしました。重岡→バッケス→真鳥→吉田の順でバックが登場して、一部では重岡&バッケス、真鳥&吉田それぞれ揃いの黄緑っぽい衣装でしたが、二部では重岡が黄色、バッケスが緑、真鳥が赤、吉田が青のシャツに変わってました。


15.キミは泣いてツヨくなる
恒例のトプキコンの始まり(笑)。ここからVenusまでトプキ&チビッコ達は大活躍です。ソロで着ていた白スーツの神山と同じ衣装で出てきた優馬と、なぜか全く違うオレンジの上下で出てくる流星と竹本。事務所もこれから売り出してく子達には、揃いの衣装くらい用意してあげたらいいのに……。それか中学生くらいってすぐに大きくなるからオリジナル衣装は作らない主義?(入学時には大きめの学生服を買う感覚)



16.タッキー&翼メドレー
a.夢物語

モニターに滝翼の映像が出たもんだから、もしや5日からのコンサートの前乗り!?と場内大騒ぎ。もちろん私も慌てて双眼鏡を駆使しましたが、さすがに二日前乗りってことはなく、映像のみ滝翼で実際はトプキが歌ってました。(紛らわしいことするから……)

b.Venus
この辺で小松を見てた気がするんですが、もう記憶がこんがらがって本家の滝翼コンで見ただけかもしれません。でもたぶんリアデラ出てないメンバー(中堅)はこの辺いたんじゃないかな?

c.REAL DX
トプキコンの後には年長組にも見せ場を、との配慮で夏にやったリアデラ再び。ありがとう、セットリストを考えた偉いさん!もう一度文一のリアデラが見られるとは思ってなかったので、めちゃめちゃテンション上がりました。
しかし
半年の時を経た佐竹はすでに振りを忘れてしまったのか、とにかくもう大変なことになってました(笑)。始まってすぐに同行の友人が「1人盆踊り踊ってるヤツがいる!」と指摘し、出来るなら時間目一杯文一に集中したいのに、そう言われると好奇心に勝てずについ見てしまうと、そこからずっと視線を奪われてしまう羽目に。(←反省して二部では決して視界にいれないよう注意) な、なんであの子1人だけあんな腰引けて腕回してんの!?盆踊りというか、安木節どじょう掬いのノリ。ある意味最も和風ダンスに適した体質なのかもしれません……。



17.関ジャニ∞メドレー
淳太より挨拶があり(松竹ではここ優馬でした)、「関ジャニ∞さんが引っ張ってくれたから僕たちの今がある」みたいなことを言ってました。同行のエイト担はこぞって「そんなことない、アンタらの実力やって!」と言ってましたけど(笑)。

a.大阪ロマネスク

b.イッツマイソウル
二部で見学に来てた横山と安田が登場し、この瞬間が本日一番の盛り上がりを見せました。おかげで文一パートの「魚の食べ方がキレイ♪」を本家に奪われ、若干ガッカリ(苦笑)。安田に私服が相変わらず凄くて、黄色と黄緑とショッキングピンクに塗りつぶされた姿を見ていると、隣にいる横山がすごく平凡に見えました。

c.ズッコケ男道
「ソイヤソイヤ!」のかけ声も、やはり本家が言うと盛り上がりが違います。大歓声に包まれながら外周を走り回る横山&安田、本人曰く「関ジャニ∞のコンサートより動き回った」そうで。ま、ゲストが一番盛り上がるのは誰の公演でも共通ですから。(FTONコン代々木でエイトの10倍はあったキスマイに対する大歓声が未だ忘れられない)
次の曲に行く前にちょっとだけ横ヤスの挨拶があり、「
中国では関風ファイティングをやってほしかった」という横山さん。それ私も思った!言われた側は大智が代表して「それはもっと上の方に言ってください」と切り返し。ってことは、やっぱりまだ関ジュは自分たちで曲を考えさせてもらえる立場じゃないんですね(苦笑)。そんな大智達に対して、横山「お前らがドラマ出たいって言うたとき、NHKの偉いさん苦笑いしてたぞ!全く使う気配はなかったな!」と、大人げないコメント。(そんなこと言ってたらアンタが出たいって言ってたごくせんに後輩が出ることになって……)


18.関西Jr.メドレー
a.コ・ワ・レ・ソ・ウ(BAD)
メインステにべてらん&真鳥吉田を引き連れてBADが登場。夏に作ったショッキングピンクの一張羅スーツが色褪せることなく輝いてました。べてらんはお馴染み腰巻きスカート風の衣装で、この曲けっこう振りが激しいこともあるんですが、文一が憑かれたように無表情なまま踊ってるのがツボ。ノースリからむき出しの腕も重要なポイントでした。

b.夢色クロニクル(BOYS)
センターステに現れたBOYSのバックは、天野・清水・中嶋・風雅・小松・真鳥・吉田の7人。奇数バックだからBOYSのいるセンターステをを挟んで横花道に4:3に分かれた妙なバランスでした。やっぱこれ最初の予定では石田がいたんじゃないかな?ここで一番忙しいのは前曲と両方のバックにつく真鳥と吉田で、松竹とは比べものにならない広い城ホでメインステからセンターステに大急ぎで移動。さすがにクロニクルは途中から出てくるんですが、初回では吉田が隣の子(風雅だったかな?)と立ち位置が逆だったみたいで、踊りながら位置を入れ替わってました。

c.maze(OSSaN)
やはりバンド演奏になると足立くんは不在。OSSaNの黒地にピンクとチェックのポイントが散りばめられた衣装が可愛いんですが、まるっきりガールズバンドの雰囲気でした(萌)。←萌えるんかい!



19.
a.Blow out

終盤の盛り上げ曲スタート。アリーナ会場では後列なら双眼鏡を駆使して担当ガン見、前列なら目の前を通る子にがっつくのがマイルールなので、何度か目の前で引き返す文一の後ろ姿だけ見ました(爆)。

b.瞳を閉じて
これぞジュニアコン!て感じでとても楽しい気分になる選曲。一部で龍太と菊、薫太と菊が絡んでたのがこの辺だったかな?なぜかああ見えて年下受けする菊岡は、龍太とでは姉妹のように、薫太とでは母子のように見えました(違)。外周を歩く菊岡はいろんな子と絡むので、彼を追ってるとかなり楽しめます。(友達はそんな菊岡を「ジュニアホイホイ」と命名) あと龍太もOSSaNメンバー辺りとすれ違うときは必ず絡んでる印象で、こっちも子犬がじゃれ合ってる感じでとても可愛い。


20.Ultra Music Power
初回、優馬の挨拶で「最後の曲はUltra Music Power」と告げた時に、客席から「ええーー!!」と大ブーイングが起こったために、二部では曲名を言わなかったという前代未聞の珍事(爆)。確かに私も「なんで関ジュコンのラストでUMPやねん」と不満には思ったけど、それが全体の声となって届くなんて、どんだけ一体感(良い意味でも悪い意味でも)のある関ジュ担……。
そんな先入観を除けば、バラード調にアレンジされたUMPはとても良い曲でした。
大智に半パン担当が回ってきたのに非常に驚きましたが(笑)。どうせなら前半と同じく全員でガシガシに踊ってほしかったかな。


【メンバー紹介】
ムエタイ→関西ジャニーズJr.→べてらん(個人名)→OSSaN→BOYS→BAD→平成WESTの順で、べてらんも挨拶後すぐに引っ込まずに最後まで残ってたのが嬉しかった!ここでも声援格差がひどくて(同じ子でも括りによって歓声の大きさが露骨に違う)、ホントに関ジュ担て良い意味でも悪い意味でも(以下略)。
一部の最後で、濱ちゃんが「今年が皆にとっていい年でありますように」と言った後、
「そして僕にとっても……」と呟いのがすごい印象に残りました。ホントに濱ちゃんにも、その周りの子達にも、いい年でありますように!と祈らずにはいられない気分に(涙)。



【アンコール】
E1.はつうた
ごく限られた時期にしか歌えないので、もう一回くらい歌わせとくかって上の意向がありありと伺える選曲。ま、アンコなんて何歌っても盛り上がるもんですから、拘る必要はないのかもしれません。

E2.ロマンティック
どんだけ夏のイメージが強い曲でも数少ないオリ曲、絶対に使いまっせ~という声が聞こえてきそうな(しかも桐山の声で)、でもこの曲大好きなのでちっとも気にしません。しかしこれ、何回聞いても彼らの望む掛け合いが成功しない。大体先にサビを客に言わせて(恋してるかい♪)、それにジュニアが答える(もちろんキミに♪)ってのが無理があるのでは。どっちかっつーと逆じゃない?
一部では
最後にステージに残ったメンバー(バドボオッサンべてらん辺り)で手を繋いで「俺たちが……関西ジャニーズJr.~!」と、先輩の影響丸出しの締めをやってましたが(笑)、二部ではWアンコがあるのでお預け。代わりに淳太が「最高の年明けだったよ♡」と言ってくれたので、充分です。



【Wアンコール】 ※二部のみ
WE1.Beautiful未来
友達と「これでUMPだったらどうする?」とか言ってたので、関ジュオリ曲で安心しました(笑)。なにより一番思い入れのある曲なので、これを最後に持ってこられると、それだけで泣けてきますね。