×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


関西Jr.ユニットコンサート
in大阪松竹座2008

(※簡易レポ)

BOYS、室三兄弟
2008/12/7(日)〜9(火) 計4公演


たった一回しか入ってない公演なので、BADコン以上に記憶は曖昧ですが、一応コンプリート記念にセットリストと軽い感想だけでも。各ユニ一番の競いどころ(個人的見解)のコントはも一つ残念な出来でしたが、何はともあれ大濱と遊ぶ文一が可愛かったので満足です(笑)。


−Overture−
初っぱなから文一が出てきてびっくり。先に入った友達から「文ちゃん出てるよ」とは聞いてましたが(そして伊藤と菊岡が出てないことも事前聴取済み)、まさか大濱より先に出てくるとは(笑)。龍規と2人でオープニングダンス担当って感じでした。
1.Blow out
そして大濱が出てきても引っ込まない室文。龍規は三兄弟ってこともあるし出番があるのは当然だと思いますが、文一はなぜこの場に?いや、嬉しいけど、この時点でまだ龍太は出てきてなし、将也はバックに混じってるし、「BOYS,室三兄弟」と銘打ったコンサートの主旨は一体?でもって、当初全公演に出るはずだったOSSaNが、諸事情によりこの公演のみ「千崎、大田」と直前に発表もあったはずなのに、この2人も未だ出てこず。そしてBADコンから更にバックが減って、リトギャン天野組は継続ですが、無所属組は上村木原古賀の3人だけ。
2.Battle
大濱が桟敷に移動しても、まだ出続ける室文。いや、有難いけどコンサートの趣旨(以下略)。
3.夢色クロニクル
やっと室文が引っ込んで、大濱2人だけのクロニクル。2人だけの……(涙)。だからオトナの事情って!!


−MC−
BADの時と同じく「ファンのマナーが良いからロープを外しました」って説明。大智がソロ曲の準備で先に捌けたため、濱ちゃん1人が残された時の心許なさったら(笑)。

4.To be or not to be
さすが滝ファンの大智さんだけあって、素敵な選曲。私にとっては滝翼曲って言うより、初代ドリボでエイトとカツンが滝バックに付いて踊った時のイメージが強いんですが、あの時は“踊るすばる”のレアさに釘付けでした。曲調も振り付けもめちゃめちゃ好きな曲なので、これを文一が踊ってくれることに狂喜乱舞!大智さん、神!(←しょっちゅう連呼する安上がりな賞賛) べてらんとしては出てないので、室文シンメ+天野組がバックでしたが、ほぼ文一に釘付けの状態。危うく大智のセット上からのバック宙降りを見逃すとこでした(笑)。しかし果敢に挑戦するわりには、非常に着地の危なっかしい大智さん。薫太のバック転並みの危険度です。キミがある程度のアクロ出来ることは知ってるけど、なにもそんな無茶しないでも……と、老婆心。
5.オレンジ
↑の通り、踊れるバックを全て大智に取られたために、歌オンリーでいくしかなかった濱田さん。SMAPの往年の名曲を選曲しますが(ヲタなら絶対、夜空のムコウや世界に一つだけの花よりこっちを選ぶはず)、これも私にとっては本家の歌よりANOTHERのMC中にまだエイト結成前のすばる達が歌ってたイメージが強い。千秋楽の日は次の仕事があるかわからない状態で、泣き出すヲタに「これが始まりやから」と横ヒナが宥めてくれた誓いの曲でもありました……。(絶賛懐古中) あ、でも、当時すでに濱ちゃんはジュニア入りしてたから、袖で聞いてたかもしれませんね。ダンスは途中からリトギャン年長組が軽く体を揺らしてたくらいですが(笑)、濱ちゃんの声質が大好きなので、全く持って満足に聴けた一曲でした。
6.恋涙
大濱のユニゾンで聞かせる曲かと思ったら、バックに再び室文+天野組が登場し、もしや彼らはこの公演において大智専属バック?(笑) 曲の最後でスカーフを投げて掴むって振り(?)があって、何の気無しに見てたんですが、実はこれ大智に取って稀なことらしく、後のMCで「今日は成功した!」と自慢げに語ってました(笑)。Give meの帽子投げ合いと言い、大智は「投げる」ってことが苦手そう。


−MC−
ここまで大濱コンサート、これから「愉快な仲間達」リハ。天野と清水が大濱の楽器を持ってきて、大田も登場。この時点で開演から25分経過。でもまだ千崎は出てこないし、龍太の影も形もない!(爆) まさかここまで出てこないとは思わず、OPで龍太の姿を探して茶髪ってだけで天野と見間違えました。ごめんなさい。(平謝り)


7.Eden
大濱+大田、更にキーボード真鳥で演奏。
8.ドラムソロ
ここでやっと千崎登場。開演から30分経過(爆)。
9.Over drive
千崎ソロ。同じ「千崎・大田」の出演表示なのに、この扱いの差は一体……。
10.愛って
大濱のユニゾンは好きだし、千崎の声も好きなんだけど、やっぱりこの曲は内くんの声で聴きたいな〜と改めて思いました。


−MC−
大濱+千崎でプチMC。あ、大田はここには加わらないんですね。(←もう触れてやるな) 大智が千崎に輪ゴムを飛ばして遊んでたとか、他愛もない楽屋話をしたくらい?「続いて室三兄弟です」って大智から紹介があり、次の曲でようやく龍太の登場です。この時点で開演から40分経過!(爆) これも一種のデルデル詐欺なんじゃ!?


−室三兄弟メドレー−
11.二人の涙雨

せっかくの三兄弟初の歌披露なのに、衣装の色・形からテイストまでバラバラなのに、一番驚きました(爆)。龍太の赤ベロアジャケットだけがやけに印象的で、後2人はなんかブルー系の衣装だったはず。この選曲もたぶん龍規なんでしょうけど(アイドル誌のコメントから推察すると、龍太ソロ以外は全部龍規が決めたっぽい)、肝心の本人の声質が合ってない感じが残念。元の龍規の声が好きなだけに、もったいない〜。将也の声変わり前のソロパートが妙に可愛くて、ときめきました(笑)。
12.真冬のパンセ
この冬、いろんな子が披露したソロ曲の中で一番好き!龍太、ナイス選曲!この時のバックは天野組+無所属の計8人で、あれ?なんで8人?無所属は3人だから足して7人のはず……と思ったら、さっきまで室三兄弟として歌っていた将也が、いつの間にかバックに回ってました。さすが、素晴らしきエコスタイル。これのスカーフを使った振りがセクシーで、そのうち少クラとかでやってくれないかな〜。
13.Wild Style
まさかここでカミセン曲が聴けるとは思いませんでした。龍規、さすが……。(絶句) これはちゃんと龍規の声も活かされた感じで、とっても可愛く楽しい一曲でした。バックに天野組がいたからついそっちに目を奪われそうになるんですが、片手を上げて左右に振る動きが非常にツボ。そして下手の方で清水吉田が遊んでるのが可愛すぎました。吉田くん、どんだけ清水のこと好きなん!?って言いたくなるくらいの懐きっぷりで、上手の天野真鳥のクールな関係とは全く対照的で面白い(笑)。そして室家的見どころは、ラスト3人揃ってのバック転で、上2人のは今まで何度も見てきたけど、将也も出来るとは知りませんでした。三兄弟スゴイ!


−MC−
ここで室三兄弟MC。と言ってもほとんどしゃべってたのは龍規ですが(笑)。←想像に違わず。何を話しかけても、「はい!」「はい!」と答える下2人は、事前打ち合わせをしたっぽい。将也はマイペースで飄々とした感じなんですが、龍太の方がまだ慣れずにキョドってる感じで、それをまとめる長男お疲れ!
しかし各所にMCを挟む構成は、なんとか出来なかったものかと思います。まぁいろいろとオトナの事情があったんでしょうが、BOYS、大濱千、室三兄弟、3つのコンサートをつなぎ合わせたような印象になるのは否めません。



−コントコーナー−
さて、各ユニット勝負どころ(だからあくまで個人的見解です)の演出コーナー。BADが大人数を使った学園祭的コントなら、大濱千は逆に人数を絞り込んだ漫才風(?)、あるいは、ジュニア選手権的なノリで勝負。その昔、松竹座で披露した横ヒナの行き当たりばったり即興漫才を思い出しました。
まずは大濱千の3人が学ランで出てきて、千崎の超短ラン(おそらく本家・三兄弟ですばるが着てたヤツ)で笑いを取る作戦。これ、初回とかは受けたのかもしれませんが、
私が見に行った公演2日目にはさっぱり駄目でした(爆)。不良学生って時点でごくせんパロな感じがして、凱旋のBAD+高木の二番煎じな感じがするのも不利。いくら千崎が一発芸的な物真似に長けてるとは言え、それだけに頼るのもどうかと思います。
そんな(お笑い的に)ダメダメな3人を、セット上のライトも当たってないとこで見守る文一。かつてドリボで後付け出演の亮内や、松竹5つ星レストランに訪れた濱田刑事や、薮様緊急出演の余波で配役変更になった大智が着てたと思しき(相変わらず見事なエコ事務所)古びたステンカラーのコートを着ていて、どうやら衣装的に刑事役っぽい。これまで刑事コートを着た中で一番小柄な文一だけあって、サイズがぶかぶかで袖に半分隠れた手がラブリー!(…) 
客席とはツボが違うらしい浜中刑事は、ステージ上の3人の会話にしばしば笑いを堪えてました。(一体どこに笑うポイントがあるのかと問い詰めたい気分)
ざっとしたあらすじ(と言うほどのモンでもないけど)を説明すると、もうケンカは止めようと誓った大濱千。しかし丈と拓弥に大濱の悪口を言われて、思わず千崎は手を出してしまう。(子供相手になんて大人げない……) すると室組(チンピラ)こと室三兄弟が丈と拓弥の仕返しにやってきて、大濱は理由を知らずに約束を破った千崎を責めて絶交。セット上で一部始終を見ていた浜中刑事(通称ハマさん)が事情を教えてやり、大濱は千崎を助けに行く。そこへ浜中刑事が仲裁に入り、ケンカではなくイントロクイズで勝負だ!ってことになりました。(おいしいとこ取り) 文一の口から出た
「イントロ、ドーン!」って、それ大倉ソロでやったネタ!(爆) 先輩コンの歌やダンスじゃなく、演出コーナーをパクるのが関ジュならではです(笑)。いや、でもあれも文一が出題してたから、ネタの著作権(?)は彼に帰属するのかもしれません。(そんなわけない)
そんなわけで、本来のストーリー展開とは何の関係もないところで始まったイントロクイズ。
文「第一問!ふふふーん、ふーん♪」。ま、まさかの文一の鼻歌イントロ!!(爆笑) なにこれ、どんな新境地を開くつもりですか、キミたちは!ここで突っ込まないはずがない大智さん、「(イントロで曲を流す)予算ないんですか」とリアルな質問。そらBADコンから引き続き新喜劇セットを見たらそれくらいのことは容易に想像出来ますが、文一も否定せずに「そんなとこや。口で我慢して」。ただでさえダミ声の天使(後ろは余計な修辞)な文一の、しかも口伴奏でイントロって!そんなもん誰がわかるかーい!と思ったら、ただ1人それが通じる人がおりました。「はい!」と手を挙げて、「REAL FACE!」と答えたのはさっきこのシステム(?)に突っ込んだはずの大智さん。ええ?ゴメン、全然わからん!すると「正解!」と、文一から大智へポイント授与。なんですか、これ2人だけに通じる暗号ですか。秘密ですか。アイシテルのサイン(@ドリカム)ですか。他に誰か一度くらいは手を挙げてましたが、結局ほとんど大智が正解して(と言っても3問だけ)、大濱千側の勝利。てか、こんな勝負、他のメンバーは勝ってもなんも嬉しくないはず(笑)。
14.Knockin' Trackin'
たぶん↑のゴタゴタ後、仲直りのシルシ的な感じで曲が始まったと思います(…)。BOYSコンはBADに比べてバックが激減なので、こうゆう大勢でやるような曲はも一つ寂しい印象でした。


−MC−
やっと全員揃ってのMC。大濱千室三兄弟+文一で、記載のない文一が入って大田がいないってのもどうかと思いますが……。MCのメモも何も取ってないから、思い出した順に適当に。
初っぱなに文一ネタ。大智曰く、「文ちゃん開演10分前(!)にシャワー浴びて、髪も乾かさずに出てきたから、『文ちゃん、髪びしょびしょやん』って言ったら、『俺いつもこんなモンやろ』って言われた」そうで。「でも今はもう(乾いて)サラサラやもんな」と大智に言われて(なんか殺し文句っぽい)、
ちょっと照れたように頷く文一が超可愛かった!!周囲のメンバーが「(ドライヤーで乾かさなくても)髪がサラサラで羨ましい」みたいなこと言うから、余計に照れる文一。照れ顔&サラ髪担には堪りません!
大智の優馬トーク。新幹線で一緒の時に、寝ぼけてかタメ口を聞かれてショックだったと。飲み物買ってきて、とか頼まれたんだったかな?たぶん些細なことなんだけど、それを大げさに話す大智がとっても彼らしい(笑)。
新幹線ネタ繋がりで、大濱べてらん6人が東京に残って桐山が大阪に帰る時があって(夏の翼ソロのリハか、秋の大倉コンリハ時期と推測)、駅のホームで見送ったそうで。その際にふざけて大声を出して手を振ったら、桐山が恥ずかしがって窓のカーテンを閉めたとのこと。そら、ああ見えて常識人の桐山は、さぞかし車内で居たたまれなかったことでしょう(笑)。
あと、なんか濱ちゃんのTシャツが馬(のロゴかデザイン)だったとか、そんなゆるい話が続きました。



−ヒットメドレー−
15.White X'mas
(大濱)
絶対やると思った、この曲!カツン曲と相性の良い2人なので、聴き応えありました。
16.Beautiful days(文一&大田)
意外な組み合わせにびっくりした覚えが。と言っても、文一の歌しか聴いてないんですが(苦笑)。
17.LIGHT IN YOUR HEAT(?)
「あれ、文一ちゃうねんや」って思った記憶があるんですが、それが誰だったのかサッパリ。
18.真夜中のシャドーボーイ(?)
「あれ、リトギャンちゃうんや」って(以下略)。
19.Happy Birthday(室三兄弟)
涙雨以外は、どれも良かったです(爆)。
20.Secret Code(濱ちゃん)
淳太が歌った曲を濱ちゃんがやるなんて、酷い!わざわざ上手いこと見せつけんでもええやん!と憤慨しつつも、濱ちゃんの歌声に聞き惚れてました。
21.雨傘(室文+リトギャン)
また早とちりで文一ソロかと意気込んだら、全く違いました(笑)。
22.無責任ヒーロー(全員)
メインメンバーは桟敷に出てましたが、文一はステージ上に居残り。まぁ、本来出るはずじゃない飛び入りだから……。


23.Will Be All Right(リトギャン)
BADコンレポ参照。
24.Sweet Butterfly(文一ソロ)
まさか松竹座で舞闘冠曲を聴けるとは!文一の衣装は赤いフェザー付きのウエストを絞った黒ジャケット。2004年秋のエイト初東京コンですばるが着てた衣装に似てると思ったんですが、なんせテンパってたもんで自信はありません。関ジュコンで舞闘冠曲歌うのって初めてなんで、見てるこっちが妙に緊張しました。昔∞コンでNEWS曲歌ったり、その逆をやってた亮内ファンの気持ちって、こんな感じ?
25.指輪(千崎ソロ)
こっちもまさかの二曲目の千崎ソロ!しかも指輪!めちゃめちゃ聞き覚えのある曲なのにパッとタイトルが頭に浮かばなくて、後で考えたら頭上に巨大な指輪セットがなかったからだと気づきました(笑)。←本家山Pの演出が印象強すぎて……。


−BOYSメドレー−
26.BACK IN TIME

な、懐かしすぎる……!あまりに懐かしすぎて、涙で双眼鏡が曇ってよく見えない初期BOYS、いや当時の名称だと関西BOY'S曲。真鳥を中心に結成されたと思ってたユニットが、一時期神山もメンバーとして掲載されたり、コンサートでは佐竹と長尾が入ったり(DVD「Spirits!!」参照)、いろいろと紆余曲折を経た挙げ句、とうとう大濱2人だけになりましたね……。(遠い目)
27.昨日の月が見える頃
確かこれ先に関西BOY'Sが歌ったはずなのに、その後Ya-Ya-yahかJJ Expressか、とにかく東ジュに歌われてしまったような覚えが。ま、今となってはそのどっちも残ってないわけで、東西共にいろいろとあります。
28.CHANCE
仕方ないこととは言え、この曲で真鳥がバックについてるのがどうにも落ち着きませんでした。本人は割り切って踊ってるんだから、外野が余計な感傷に浸るのもアレですが。


29.Secret Agent Man
ANOTHERで大智が大抜擢された曲で、「今ではこんなに大きくなりました」と、綾小路きみまろバリの大智の語りから入る一曲(笑)。ええ、覚えてますとも!当時「亮ちゃんと一緒に歌ってる子、誰?」と友達に尋ねて、たまたまその子が入ったばかりの大智を知ってて、「中田大智って子やで」と教えてもらいました。後に大智が雑誌で「SAMは浜中くんに振りを教えてもらった」って言ってましたが、そうです、本家SAMには五関くんとかと一緒に文一が入ってたんです!(大主張) その実績を認められてか(?)、文一もちゃっかりメンバーに入ってました。大濱、室文、千大がシンメだったのかな?久々に文一のSAMをじっくり見てる間に周りから歓声が起こって、どうやら大濱が台宙を決めてたようです(爆)。
30.Give Me
べてらんが揃ってないせいか、大濱2人だけ。
31.99%LIBERTY
この辺から文一も出てきて、終盤の煽り曲に。
32.ズッコケ男道
濱ちゃんと文一が遊んでて、超可愛い!BADコンでは遊び相手がいなかった文一ですが(リトギャンに手を出してたけど)、ここには仲良しの大智も濱ちゃんもいます。メインなのに文一と一緒に遊んでくれる濱ちゃん、それを連れ戻しにくる大智(笑)、それでも絡んでくる文一の相手をしてくれる濱ちゃん、後ろから文一を蹴飛ばす(振りをする)大智(笑)。でも大智だって文一と振り合わせたり、ヒゲダンスしたりと遊んでました。それに龍規が加わったりと、とにかく可愛く楽しい空間でした。
33.鼓動
最初は大濱千の3人だけで、途中から室三兄弟、文一、大田も加わります。おかげでBOYS&室三兄弟じゃなくて、大濱千コンって印象でした。


−アンコール−
34.ロマンティック

ズッコケに引き続き、まだ濱ちゃんと遊ぼうとする文一。ちょっと、その人メインだから、そんなキミの相手ばっかりしてられないと思うんですが。でも可愛かった!それに尽きる!(笑)