×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


【ヤ】
やったるJ[番]
8Jの後番組。ジャニ番組はリニューアルを重ねるほどつまらなくなる典型。
山田[G?]
カツンの田中(田中聖&中丸雄一)に対抗して安田&丸山が組んだ漫才コンビ。初出は大倉加入直前の'02年冬に出た少クラだったと思う。その後'02クリコンで客前で披露したところ好評で、その後どんどんネタがつまらなくなっても(酷)、止めるに止めれなくなった。
Ya−Ya−yah[番]
初期にヒナが助っ人司会として出ていたこともある、テレ東の王道アイドル番組。そこでコネでも作ったのか、じわじわとエイト(の一部)もゲストで呼ばれる機会が出来、挙げ句SP番組を作ってもらい、最終的には「裏ジャニ」につながった。「小さな事からコツコツと」の顕著な例。



【ユ】
USOジャパン[番]
ガキバラの後番組。さすがに土曜のゴールデンタイムをJrと嵐に任せてはおけなくなったのか、所長としてTOKIO太一を投入。スタジオには滝と嵐メンバーのみだが、他番組でお目にかかる機会の少なくなった古株Jr(三馬鹿・斗真・山Pなど)がロケ参加していたのが貴重。
USJ[場]
2001年4月の開園前日に嵐が当時の関ジュ(大堀や大倉もいた)をバックにつけてMステ中継したり、不祥事続きで客足が減った時には滝&カツンでパレードをしたりと、なにかとジャニーズと縁の深い場所。最近ではクリスマスツリーの点灯式にエイト&関ジュが借り出されたが、小雨が降る中のイベントのおかげでクリコン前に風邪が大流行(怒)



【ヨ】
夜もヒッパレ[番]
意外にジャニファンにおいしかった歌番組。初代MAからデビュー組まで幅広いジャニタレが出演し、その音楽的実力を世間の目に晒してしまった。関ジュではすばるとMA時代の大堀が出たくらいだが、やはり数少ないどん底時代のすばるの貴重なVTRとして要チェック。
弱い僕だから[曲]
忌野清志郎がSMAP木村に提供した曲で、'00年Jrドームコンですばるが歌った。'02クリコンではやはり過去に木村が歌った「MyFirstKiss(はじめてのチュウ英語ver.)」をバンド演奏したので、すばるは意外に木村リスペクトなのかもしれない。




【ラ】
ラジドル[名]
いわゆる関ジュ冬の時代中、横ヒナが確立した新ジャンルのアイドル。歌も踊りもやらなくて、TVで見る機会がほとんどなくても、レギュラーラジオさえあれば大丈夫と証明。
ラック[犬]

横山の愛犬。拾った時飼うのに反対されて家出した話や、引っ越しで泣く泣く手放した話、そして夜中に会いに行った話など感動的エピソードの宝庫。同じ飼い犬でも渋谷家のナナは「久しぶりに家に帰ったら死んでた」と超ブルーなエピソードしか出てこず、しかも噛み癖があって怖かったとまで言われて報われない。大倉家のサリーに至っては、知らないおばさんに攫われたのに「悲しくないしせいせいした」など言われる始末。(当然この話は人間より犬を愛する横山に叱られた)

良知真次[辞]
初代MAメンバーで、大野くん嵐昇格後のごたごたで、気が付けばいつのまにか外れていた。その後MADとなり、元関ジュの石田(ア行参照)とシンメを組み活躍。原のいないTOKIOコンに行って、彼と間違えたこともある。非常に申し訳ない。



【リ】
龍神[名]
KTK時代身長130p台の錦戸さんが戦っていた相手。一度しか見てないので記憶も曖昧だが、ハリボテの竜の中に人(たぶんJr)が入って動かしていたような?その後Jrコンだったか滝翼コンだったかで再びそのセットを見た時には、事務所の物持ちの良さに呆れるを通り越して感心した。

リュック[名]
週間VW当時の内ヒロキのリュックにはドロップ缶が入っていたため、空港の金属探知器に引っかかったという、天然炸裂のエピソードがある。



【ル】
留守番電話[名]
安田の携帯の留守電がケンシロウ(@北斗の拳)の「アタタタタ」という応答メッセージだったため、知らずにかけた内は「やっさん朝からテンション高いわー」と気づかなかった(呆)。もう生きていくのにも限界のアホだと思ったエピソード。



【レ】
Let's go, Let's go[曲]
すばるどん底期(何度も言うな)に、一種吹っ切れたように歌っていたことが印象深い。旧VWバージョンもあり、その際は実は内よりも安田のパートの方が目立つ。
レコメン![番]
横ヒナが木曜日のパーソナリティを務めるラジオ番組。22時から25時まで生放送三時間ぶっ通しという大仕事なのに、残念ながら関西ではほとんど電波が入らない。24時をすぎた頃しばしば横山が眠ったり飽きたりし始めるので、ヒナの采配が必要不可欠。



【ロ】
ロック[名]
すばるの愛するもの。かぶれると、臭いそうな革ジャンにピタピタ細身のパンツで、ギター片手にうんちくをたれる。以前雑誌でBOYSに「ロックな生き方」を語っていたが、彼の半生は決して後輩には勧められる代物ではない。




【ワ】
笑う大走査線QR[番]
現「レコメン!」の前身、文化放送のラジオ番組。元は横山ピンでやっていたのが、ある日合宿所にいるヒナを呼び出して出演させたところから、いつの間にか横ヒナの番組になった。始まった当初は、確か最年少パーソナリティとか言われてたような。
ワンピース[映]
横山お気に入りのマンガというイメージだったが、内が映画で声を当てたため、お仕事の一端に。しかしそれっきり続投の話も聞かないので、単発だった可能性がほとんど。